スレ主

最近、中国経済についての話題が本当に多いが、経済をよく知らない人たちも分かりやすいように、今中国で起きている状況を解説し、今後どう対処をすべきか教えてやる。

まず、中国の問題は事実5年前から知っている人は知っていた。

※中国の過去3年間に使われたセメントの量と、20世紀、100年間の間にアメリカで使われたセメントの総量の比較
1


中国は資本主義の歴史上、建設に国の運命を最も多く全額投資した国ではないか?と思わせるほど、GDPが建設に依存する割合が大きい。

GDPをなす二つの軸が消費と投資だが、一般的に消費が60%、投資が20%なのが通常の国では正常だ。

しかし、中国の場合10年前からGDPで消費が占める割合は50%もなく、資本主義の歴史上前例を見られなかった40%水準で維持されており、投資は50%に迫っている。





2

つまり、「膨大な量の過剰投資が行われた」ということだが、事実これは経済指標を見なくても知ることができる部分だ。

中国内部にある各種のゴーストタウンや、セメントの消費量、中国の3億人分のマンション空室が存在するという点を考慮してみると、簡単に把握できる。

それでは何故こんなに過剰投資が行われたのだろうか。 これは中国共産党らが銀行を利用して、とても簡単に事業を広げることができるという点で理由を見つけることができる。

中国国民は大半が現金を銀行に預金しているが、銀行は事実上政府機関同様に運営されるために共産党幹部なら人脈を利用して非常に低い金利で融資を受けることができる。

そのため、経済成長率は8%なのに、融資金利は3-4%で資金を借り得る事が可能だったのが、まさに中国共産党幹部であり、その為にむやみに事業を広げたのだ。

ところが、もう米国が利上げをやると言うんだから、中国に投資されていた外国資金が、株式、不動産などを売って中国から流出しようとしている。それため、バブルが本格的に弾けそうに成っているのだ。

それでは中国の現在の状態はどうか。 一応ほぼ確実なのは、経済成長率は発表された公式数値のように7%ではなく、1-4%というのが定説だ。 数々の民間研究機関で推定したところではそうだ。 そして一番大きな問題は何より、中国内部に負債が多いということだ。

今、中国銀行圏融資の規模は3兆3000億円程度だが、参考に、米国がサブプライム危機を迎えた時、米国の金融圏の貸出規模は16兆ドルで、その内1兆ドルの不良化がなった。 それでも米国はおよそ3兆ドル分のお金をTARPと量的緩和を通じて解いてやっと危機を収拾した。

それなら中国は?

専門家は中国の不良化された融資の規模が3兆ドルに達するだろうと見ているが、米国が1兆ドルの不良を解決するのにそんなに苦労したのに、中国がどのような状況に成るのかは、もう想像が付く筈だ。

これで「中国の外貨準備高は危機を解決するには非常に不足している」と見なければならない。 およそ3兆1千億ドルの外貨保有高を持っているが、この内実際に使えるお金は「5千億ドル」にしかならない、今一ヶ月に1億ドルを外貨保有高を守るために使っている為に、中国が今の様に耐えられる期間はいくら長く見積もっても1年が目安と成る。

そうすれば、中国はどうするだろうか。 あの3兆ドルにのぼる損失は結局、中国の銀行が埋め合わせをしなければ成らないが、結局、金がなければお金を発行して銀行にお金を解いて破綻を防がなければ成らないだろう。 銀行が潰れれば、それは事実上大恐慌に突入してしまうのだから。

それでジョージ・ソロス氏が「人民元安にオールインしている」のだ。 中国の外貨準備高は為替レートを防御するのにも、銀行を支援するのにも非常に少なく、従って、中国は金を大量に発行するしか無いだろう。

それは人民元の価値は垂直の下落を齎すだろう。 各種のヘッジファンドや投資銀行では30-40%程度の評価切り下げになるであろう見ている。

今は株であれ何でも絶対にしてはならず、うずくまっていなければならない時期だ。

中国が完全に降伏を宣言するその時に株式や不動産を買うと良いだろう。 私の予想では1-2年待てばいいんだと思う。

そして少なくともこれから、中国の外貨保有高の数値をチェックしてください。 毎月の統計を発表するが、2.5兆ドルの下に落ちた瞬間、おそらくパニックが起きる確率が高い。





この記事を読んだ韓国人の反応



・中国人は明の朱元璋以来、拝金主義が民族性になった。権力は無限でお金は無限だ。この拝金主義の中国人は絶対自分のお金が損になるのを絶対に我慢しない。それで文章書いた>>1の言葉通り銀行が潰れれば、中国が、大恐慌が来るのではなく、中国の銀行がつぶれて中国人が自分が預けた金を損失するケースが発生すれば中国政権の共産党は崩壊する



結局、世界経済恐慌は既成事実なんだ。 安全資産である円を買っておくわ



・韓国3年分の国家予算である



・共産党の奴らがうまくいくわけがない。悪は存在自体が罪であり、君を滅ぼすだろう



ソロス氏は今の中国の状況自体がハードランディング進行中と考えている。予想は大体当たって、後はどれだけ爆発するかがカギだろう。ちなみに、米国サブプライム事態を予測してお金を稼いだカイル・バスは、中国が米国よりもはるかに大きな事件が発生するものと観測し、ファンドの80%を人民元安に全額中という



・サブプライムが不良債権問題だったが、中国不良債券が米国が金融危機招く時より4倍高い不良債権の保有中という。それで・ソロス、カイル・バス等のヘッジファンドが人民元安に賭けている



・このような危機状況に最もよい解決方法は、隣の国に戦争を起こすこと



・中国は暴動で分裂するべきだ



・米国の金利が引き上げられれば、なぜ中国にあった外国人資本が流出しているのか説明して下さい



・↑貴方は米国が金利3%、中国も金利3%だったら何処にお金をあずけたいですけ?君の思いと外国人の考えが同じだという事



・中国ではなく、原油価格の下落のために危険資産価格が暴落しているのだ



・今中国の航空会社が韓国人パイロットに年収3000万円でヘッドハンティングしたりしているけど、これももう終わる?



ニコニコ中国崩壊



・中国もお金を刷って借金を埋めれば良いだろうし、外国人の奴らが資金を持ち出すなら、証券市場全部遮断すれば良い。勿論そんな事をすれば中国も日本の様に長期低成長に成るだろうけど、それで外国人に資本を盗まれずに軟着陸する事が可能となる



・↑労働者が失業すれば暴動に成るだろ?今も鉄鋼の方で構造調整しなければならないのだが、失業者を量産するから先延ばししている



お金を刷って借金の穴埋めが出来るなら、全ての国がお金を刷るだろうし、IMFも要らなくなるだろ



・米国が天文学的な借金を背負いながら、サブプライムで生き残った秘訣は、米国が基軸通貨のドルをむやみに発行できるためだが、中国が経済危機になって人民元を印刷したら、誰が海外で人民元を受けるの? 中国がドアを閉じる瞬間、海外列強との経済戦争で雑巾になったり、廃業する瞬間、中国の信頼度が0になれば、中国は貿易で他国との交流は無くなる。 また世界の工場である中国が輸出が出来なく成れば99%ではなく、100%暴動が起こる。中国がお金を刷っても自国経済を救えない



政治的に安定しなかったという弱点まである。今も、莫大な言論統制と弾圧でどうにかこうにかこの程度維持しているが、経済的な大恐慌が押し寄せると、この統制力が崩壊する可能性もある



・経済成長が鈍化する→あらゆる社会的政治的問題が起こる→共産党が弾圧して社会が混乱する→経済が難しくなる




引用記事:http://goo.gl/sF0bLy








follow us in feedly