先月20日、ソウル広津区紫陽洞ソウル東部地裁で開かれた日本軍慰安婦を「自発的売春婦」などで表現した本を出版した疑い(出版物による名誉毀損)で起訴された「帝国の慰安婦」の著者パクユハ(59)世宗大教授の1審公判に出席した慰安婦被害者ユフイナム、イオクソンおばあちゃんが取材陣の質問に答えている。

1
 
(ニュース1)日本軍「慰安婦」被害者お婆さんが「帝国の慰安婦」の著者パクユハ(59)世宗大学教授の給料を差し押さえた。

16日、ソウル西部地裁と朴教授によると、裁判所は、去る1日イオクソン(89)おばあちゃんなど、9人の被害者の祖母がパク教授と世宗学校法人を相手に提起した損害賠償金9700万ウォンの差し押さえと回収命令の申請を引用した。






2
 
これに先立ち、ソウル東部地裁が先月13日、パク教授に「原告に1000万ウォンずつ、合計9000万ウォンを賠償せよ」と原告一部勝訴の判決をしたことによるものである。

おばあちゃんは、宣告に基づいて、先月25日、ソウル西部地裁に債権差し押さえと回収命令を申請した。

これ去る4日パク教授は、西部支持法から損害賠償金をすべて完済されるまで、2月から給与の一部を差し押さえするという内容のメールを受信したと伝えられた。

パク教授は、自分の社会的関係網サービス(SNS)に「全く予想していなかったこと」とし「ナヌムの家の目的は、最終的には私の名誉をこれまで以上に毀損することにあるようだ」と明らかにした。

パク教授は「帝国の慰安婦」の本を介しておばあちゃんの名誉を毀損の疑いで刑事裁判を控えており、先月、国民参加裁判も申請した状態だ。





この記事を読んだ韓国人の反応



・この女は日本で学士、修士、博士終えたのを見ると、長い間猿島国に住みながら、チョクパリの精神病者らが主張する操作されて歪曲された歴史に洗脳されたのだ。日本の植民地時代を経験して見ることもできなかったのに何を根拠に本を書いたのだろうか? 出所を明らかにしてみなさい



・日本に留学して博士学位授与れてたら、きっと極右チョクパリの精神病者らが主張する嘘に洗脳された可能性が高い。直接被害を受けた生存者が健康に生きているが、どこでそんなチョクパリ式嘘の主張をするのか? このような女をこれからも教授として採用する世宗(セジョン)大学も問題



ゴミの様な狂った教授!!日本で暮らせ



・親日派をとっちめて下さい



・名誉を云々する人が何故そんな本を書くか



・自業自得に因果応報であり



他人の名誉毀損は大丈夫で、自分の名誉毀損は許せない? 本当に、おこがましい人ですね



・あんな女を首にしないで、教授として雇っているて世宗(セジョン)大学も病気



・こんな奴が教授をしているのが信じられない



この教授を追放してください。仮に追放しても日本が迎えてくれるでしょうから問題ありません



・飢えてみなければ、苦痛を受けた人々の心を知れない



・あれを先生と学ぶ学生たちが哀れだ



・世宗大王様の名前がもったいない



・大韓民国の表現の自由がある国家です。 しかし自分の表現に対する責任も持たなければなりません



・この様な人が大学生に教えているというのがこの国の現実というのが残念で成りません



・こんな奴は家まで差し押さえをして下さい



・第2次世界大戦で日本軍の保護を受けて爆撃も受けずに社会秩序が崩れたこともない朝鮮で、国軍の日本軍が道を歩いていた女を拉致して戦場に輸送するというのが自称慰安婦の証言、この様なのは戦場でも可能な状況なのに、90年代の馬鹿な奴がコメディ台本を書いてくれ為であり、当時の朝鮮人は祖国日本に向けて死ぬと、数十対1の競争率で軍隊に志願したのが実際の状況



・朝鮮人が売春宿の主人であることをどうして話さない?


引用記事:http://goo.gl/49DkGv








follow us in feedly