(連合ニュース)北朝鮮の地下核実験が白頭山の火山爆発を触発しかねないという国内研究陣の予測が出た。

1

延世大学・地球システム科学科教授研究チームは17日、「北朝鮮の核実験による白頭山火山の地震動と動的応力の変化予測」という論文で、北朝鮮がもっと大きな規模の核実験を実施すれば、白頭山の火山がこれに反応する可能性がある可能性が分かったと明らかにした。

研究チームは、北朝鮮が2006年、2009年、2013年に3度行った核実験当時、実測資料を利用してマグニチュード5.0∼7.6の仮想人工地震波形、地震による揺れを示す地震動、地震波の進行方向に遅刻に加えられる圧力の応力変化予測値を導出した。
 





2
 
この様な仮想数値を算出する最も簡単な方法は、温数値と地殻構造を入力するモデリングだが、白頭山一帯の地殻構造を知る方法がなく、信頼性が疑われた。

研究チームは地殻構造を変数から排除する代わりに、2次核実験実測資料をもとに3回目の核実験の地震動など数値を仮想で算出して、これを3回目の核実験当時、実際の測定された数値と比較して満足できる信頼度を得たと明らかにした。

3

その結果、今後M7.0の人工地震を起こす核実験が行われば、白頭山マグマの部屋内に最大120㎪(キロパスカル)の動的応力変化が発生することが分かった。 

研究チームは過去、北朝鮮の核実験による人工地震の規模を2006年4.3、2009年4.7、2013年5.1と見た。

地震波でマグマの応力変化が誘導され、それによってマグマの上昇を誘発する気泡が形成されて火山噴火が触発される現象はすでによく知られている。

気泡の形成は1㎫(メガパスカル=1千㎪)以下の応力変化でも可能であるが、北朝鮮の核実験は数百㎪に上る応力変化を発生させることができ、白頭山火山噴火を触発する恐れがあると研究陣は指摘した。

4
 
咸鏡北道吉州郡豊渓里の北朝鮮の核実験場と白頭山間の距離は116キロだ。 これは中規模以上の地震が十分に影響を及ぼしかねない距離と研究陣は説明した。

白頭山は過去から何度も噴火しており、最後に噴火した時は1903年だ。 2002年から2005年までは調子がやや不安定であり、今でもマントルで形成されたガスが測定されたり、火山の熱気に木々が枯れるなど、活火山の特性を依然として見せている。

洪教授は「1∼3回目の核実験実測資料を利用して正確な地震動値を予想して、未来にもっと大きな規模の核実験が発生した時価格を推定したもの」と語り、「核実験が白頭山地域に及ぼす影響を科学的に正確に測定した最初の研究」と話した。






この記事を読んだ韓国人の反応



どうか火山が噴火しても、中国側に被害が出ます様に

 

・火山灰が振り降りれば朝鮮半島は滅亡だ。数年間農作業が出来ない



火山が噴火しても、火山灰は、中国や日本に行ってほしい



・この記事をきっかけに北朝鮮の各問題にも目を向けて貰えればと思います、自然災害は本当に恐ろしいです



・迷惑の王様、キムジョンウン豚



・渤海が滅亡したのが、白頭山の爆発という学説がありますね まあ災害は避けられないので、北朝鮮の幹部はトンネルを掘って昼寝ですか?



キムジョンウンが結局、北朝鮮住民を不幸のどん底に押し入れている。もちろん韓国も、莫大な被害があるが



・火山爆発が起これば、北朝鮮は火山で滅びたポンペイの様に成るだろう

 

・白頭山が爆発すれば、韓国にも影響でございます。相当たる火山灰の被害は考えなければなりません。勿論、北朝鮮は自滅の道を歩いているが

 

・北朝鮮の奴らは地球を滅亡させたがっている様だ



・これを機会に、国連に訴えて北朝鮮を排除しなくては成らない



・白頭山噴火しますね



・結局北朝鮮は自滅したいのか?何処まで国際的な恥を晒す?



懸命に生きている人民を殺すのは可哀想だ



・恐竜時代の恐竜の様に北朝鮮は火山の爆発で死んでね



蓋馬高原の生成の原因が、白頭山の爆発という説があり、噴火の威力は無視できない程だ。 もし噴火が起これば、北朝鮮はおろか、中国山東地域、韓国済州島まで影響を及ぼしかねない。爆発すれば、北朝鮮は飛んで行くのが確定だが、ソウルまで火山性ガスで、酸素呼吸器つけて歩かなければならないかもしれません



・朝鮮半島の統一は意外にも火山の爆発がきっかけに成るかも知れませんね

 

・爆発したときは、北朝鮮を支援するふりをして、軍隊を投入して掌握しなければならない



火山爆発すれば、偏西風のために日本も被害が避けられない



・以前テレビでドキュメンタリー番組を流していたけど、日本の学者も警告していたよ



引用記事:http://goo.gl/VbVUof








 
follow us in feedly