(連合ニュース)韓国男子フィギュアスケートの「看板」イジュンヒョン(檀国大)が2016国際スケート競技連盟(ISU)4大陸選手権大会男子シングルショートプログラムで10位に上がった。

2

イジュンヒョンは19日、台湾の台北の台北アリーナで開かれた今大会の男子ショートプログラムで技術点数(TES)35.43点に芸術点数(PCS)31.92点を合わせて67.35点を得た。

同日、点数は自分のISU公認の最高点である68.52点に1.17点足りない残念な結果で23人の出場選手のうち10位を占めた。
 





1
 
一緒に出場したキムジンソ(韓国体育大入学予定)は65.13点を受けて12位に押され、ビョンセジョンは58.30点で自らのショートプログラム歴代最高得点を記録したが、16位に留まった。

昨年の準優勝者であるジンボーヤン(中国)が98.45点で首位に躍り出た中で、昨年の優勝者である宇野昌磨(日本・92.99点)が2位に名を連ねた。






この記事を読んだ韓国人の反応




イジュンヒョンは頑張りましたね、フリーで良い演技をしてください



1位であろうと、10位であろうと何が重要ですか、世界舞台であれだけ頑張れたのなら、ご苦労さまでした



キムジンソ選手が日曜日にクアッド成功する様に祈ります



貴重な汗の努力は裏切らないです。応援します!!



・お疲れ様でした~!!!!



・韓国人選手がスケルトンで銀メダルを獲得したのか凄いか分かるね



・10位かwwwwwwwww


引用記事:http://goo.gl/80c4Mj








 
follow us in feedly