この事件は1997年、日本の兵庫県(兵庫県)神戸市(神戸市)で起きた当時、14歳の少年による猟奇的である。連続殺傷事件で、犯人の少年の自称であった酒鬼薔薇聖斗事件として広く知られている。

1

この事件で計2人が死亡して3人が重軽傷を負った。しかし、この事件が世間に広く知られた理由は結果自体だけでなく、この事件が持つ稀有の猟奇性のためだ。
 





2
 
事件の発端は1997年2月10日午後4時ごろ、神戸市路上で少年が小学生の女の子2人の後頭部をハンマーで打ち砕いて、そのうちの1人が重傷を負うのを皮切りに、この時被害少女達の目撃証言によって学生靴を履いた、ブレザー(我々の言い方で言えば制服)を着ていたと言う。

事実を知った被害者の親と警察は、近くの学校側に写真の対照を要請したが、校長がこれを断って事実上2、3次被害を防ぐことができない原因になった。

被害者の両親らも、この事件を外部に知られたくてしなくて、ひとまず1回目の事件はそんなに曖昧になってしまった。

14

ここで自信を得た少年は3月16日午後0時25分、通りかかっていた小学校4年生の女子生徒を再び金づちで殴打。少女は逃走したが、結局、3月23日、脳震盪で死亡した。

13
 
ここで止まらず、彼から10分後の午後0時35分ごろ、小学校3年生の女子生徒の腹部を長さ13センチほどの刃物で刺して胃を貫通した後、静脈のまん前で止まった。この被害少女の手術の過程で約1.3リットルの血液が必要だったが、とにかくこの女子生徒は無事に生還。

15

そしてこれからがこの少年を神話で作った3回目の事件だ。同じ町に住む小学校5年生を殺害目標にした。今回は1、2番目の事件とは違って、人を殺したいという確実な目標があったため、自転車で数回にわたって町を歩き回りながら目標を物色した。

被害少年と加害者少年はお互いに知り合いの仲で、放射線科医師の次男として生まれた11歳の身体障害児だった。

韓国式で言えば、特殊学級であるなかよし学級(なかよし学級)に所属した子で、加害少年を直接知っているわけではないが、加害少年の弟を見にたまに家に遊びに来たし、この過程で飼育していた亀に大きな関心を持っているという情報を知った。

11

とにかくこのようなことを踏まえて少年は被害者に接近して、「山の向こうに亀がいる。 一緒に見に行こう」。 地域のケーブル会社のアンテナ施設に足を運んだ。

10

そして、指紋が残ることを憂慮し、手袋をはめ。結果的に少年の死亡原因は絞殺による窒息死だったが、これは後に少年がした供述によると、「人を首を絞めて殺してみたかった」という理由があったためだった。

後の供述によると、「その満足感はその時まで私が人を殺したときを考えて得られるだろうと思った満足感よりもっと素敵なことでした。」

そして家に帰ってきた少年は、今度は「人の首を切ってみたい」という衝動を感じた。人の司令塔は頭だから、それを切断する、感触とその切断面を見たいというのが理由だった。

すでに10匹以上の猫の首を切ってみた少年は、猫はナイフ一本で簡単に首を切ることができたが人の首はそうではないだろうと予想して。一緒に隠しておいたナイフを3本ほど持っていくことに決心してその日は、眠りに入った。

9
 
アンテナ塔に到着した少年は、窒息死の瞬間の痛みで目を開けたたまま死んだ被害者を眺めて
すぐに首を切り始めた。

この当時の心情について、警察が「男児の死体の目や顔を見ながら、その首を切るのに抵抗はなかったか」と聞くと。
 
「別にありませんでした。僕が殺した死体であり、いわば僕の作品だったからです。」と平然と答えた。

このように、被害者の首を切る過程で極度の興奮を感じた少年は、一度射精をしたと述べている。

そして首を盛る過程でビニール袋に溜まった血を飲んだ。「私の血は汚れていて、純粋な子供の血を飲む、その汚れた血がきれいになるだろうと思ったからです。幼い子供の命を奪って、気持ち良いと感じている自分自身に対する自己嫌悪感の現れなのです」と述べた。

その夜、きれいに洗った首を持って少年は神戸市立友が丘中学校に行って、切られた首を校門の前に置いた。

8

そしてこの様な声明文を出す。

5
 
7

あまりにも手法が大胆で猟奇的だったので精神鑑定を含むいくつかの検査を依頼したところ、結果は、次の様な物だった。
 
1.脳波検査、CT、MRI検査の結果、異常がない
 
2.非行を犯したり、感情を受信したとき、すべての精神疾患はなく、意識は明らかで同じ年齢代に合った知能を持った。
 
3.少しの解離性人格障害(二重人格)の反応があるが、犯行時、他の人格によって起こったことではない。
 
4.未分化された攻撃性と性衝動の結合により生じた継続的かつ強力なサディズムがこの事件の原因である。
 
5.映像記憶素質、すなわち、写真的な記憶に瞬間的に、本映像を明確にいつまでも記憶することが
特殊能力があった。この能力が、むしろこの事件の原因の一つである。
 
6.自分の価値を否定する感情が低く、他人への共感能力が欠如し、非現実的主義的であり、独善的な性格である(現在のサイコパス判定)

2015年6月10日、32歳になった犯人は、自分の犯行を盛り込んだ手記絶歌を出版した。名目上は「この本の印税で被害者に対して謝罪をしたい」だったが、そのような目的のために、すでに犯人の親が「少年Aこの子を生んで...父と母悔恨の手記」という本を出版しているので、実際にそのような言い訳は信憑性がない。

6

結局、この事件は、日本の歴代級サイコパス事件であった犯人は、未成年者という理由でろくな処罰を
受けることもなかった。







この記事を読んだ韓国人の反応




人間は絶対に変われない、更生プログラムを受けても、その本性がまた帰ってくるんだ



日本は本当に未開だな、以前もフランスで人肉食った奴がそのまま開放されていたし



未成年の犯罪者を保護しようとする人権屋が問題だ



・映像記憶素質を持っているというのは羨ましいね



こんな残虐な犯行を犯した奴は、国家の未来の為に終身刑や死刑が妥当だったのでは無いのか?



・こいつは有名なやつだ。世間の反応を見るために生首を校門に置いた奴だ

 

狂っている、これが実話だとは信じられない



こんな本を買う日本人も理解出来ない



こういう動物を虐待したり殺したりする奴は、サイコパスの予備軍だとみなして、社会から隔離しなくては成らない



・陰険で汚らし奴



・やはり快楽犯罪の教化はそのまま不可能なのだろうな



未成年犯罪者を無罪にするのは止めなくては成らない、これではまた別の被害者が出るのは明白だ



・私より絵うまいね



日本は特異な国だよ、人肉を食った佐川一政もいたし



・結論は、未成年者という理由で、適正な処罰を受けていないのでは無いの?



この本は犯人が金を儲ける為に書いた手記だろ?



・日本の名古屋大学の女子大生がお祖母さんを殺した事件もサイコパスと言われている



・日本でも少年犯罪に軽すぎる量刑が問題視されたよね



・大阪で日本の女性と結婚して住んでいる者ですが、少年Aの本を読んで感じたのは、「殺人したことに対してまだも後悔はない」と書かれている。最近釈放されてフリーター生活をしている本名まだ明らかにされない。笑わせてくれたのが、それでも、何故か皆分かったのか、住民達の圧迫によって引っ越しながら生きている



今彼は同棲女と住んでいて、手記の印税集めて外国へ高飛びする計画だそうだよ。笑



・手記がとてもたくさん売れたようね


引用記事:http://goo.gl/L0dg02








 
follow us in feedly