日帝の代表的収奪政策である「南綿北羊」、これは韓半島の南では綿花を栽培して、北では羊毛を生産するという政策ですが、 これを実証的に示す記録映像が初めて公開されました。

1

2千余頭の羊たちが輸送船に積まれてきます。港に到着した後、咸鏡北道敬遠地域に運ばれます。

到着したのは、日本の代表的収奪機関だった東洋拓殖株式会社所有の牧場。





2

ここで、羊は日本に安価な羊毛を供給するために飼育されました。日帝の政策を宣伝しようと作ったこの映像は韓国映像資料院がロシアで発掘して公開しました。

3
 
ジャングヮンホン(韓国映像資料院収集部長):「文献記録としては研究が数多く存在するが、目で見られる視覚的な資料としては初めて発見されたとも言えます。」

4

「日本が羊毛輸入に使う支出を抑えるのが目的」と書かれた日本語字幕。

8

朝鮮の女性たちが羊毛を削って織物の織するシーンなど。

10
 
毛織物が当時、主要輸出品だった日本植民地時代の収奪姿を確認することができます。

9

オーストラリアで船便出発し、雄基に到着する海上輸送路も含まれており、史料的価値が高いという評価です。

11

<インタビュー>のソン・ギュジン(教授/、高麗大学アジア問題研究所):「北羊政策については十分に取り上げられたことがありません。 これから明確に研究が旺盛になるかと考えます。」
 
この映像と共に1920年代当時結婚式など生活上を撮影した記録映像も初めて公開されました。

5
 




この記事を読んだ韓国人の反応




日本は本当に残酷だ



・日本が本当に嫌いだ...



昨日公開した映画、帰郷をぜひ見てください~



日帝時代、韓国の先祖たちがどれだけ苦労したのか..



日本人の奴らは本当に隅々まで悪行を行ったね



・この発見された映像は、国宝級の映像だ。この映像を見るためならお金を払っても惜しくない



日本人の朝鮮人大虐殺の映像もどこかにあるはずだ



・国を奪われたのは力がなかったから仕方のないことだ。 でも耐えられるのはそこまでだ



・日本の丸太実験の動画とかもあるだろ



・歴史的事実は隠せない



日本の蛮行は一体終わりが何処にあるのでしょうか。 本当に身の毛がよだつ恐ろしい行為です。こんな歴史的事実があるのに、それが国定教科書に記載されていないことにも恐怖を感じます



・本当に韓国は、日本、中国、北朝鮮といった国に囲まれて・・



・日本人は今も昔も変わりが無いね



・日本人は朝鮮から収奪する為に線路を引いたりした



日本人は過去に蛮行を働き、現在は歴史の捏造を行い、日本人の問題は今でも全く成長しなかったということだ



・日帝支配36年間の収奪の結果、乳児死亡率が3分の1に減少、平均寿命が28歳から51歳に増加。 平均身長が144から154に増加し、人口が2倍以上増加したそうです・・

 

・1866年米国の商船が朝鮮に外交開放を要求して、停泊を許可することを要請したが、間抜けな大院君と高宗は、米国人船員らを燃やして殺害した。 結局、朝鮮は、米国と国交正常化できる絶好のチャンスをそのまま飛ばしてしまったのだ。 その後も米国は再び国交正常化を要請したが、再び拒否、大院君と高宗は西洋人を倒したと言い、祝って万歳を叫んだ。 結局、朝鮮の未来はそう決まってしまったのだ。 その無能さを責めなければならない日本だけのせいにしてどうする



・これは日本人が朝鮮に羊をもってきて、朝鮮人労働者を雇って働かせていたのだろ、これの何処が収奪なんだ?


引用元記事:http://goo.gl/gaanN8









follow us in feedly