(ニュース1)世界的な金融市場の変動性に対処するための韓国・中間通貨協力に弾みがついている。両国は、来年10月に終了する韓中通貨スワップを延長する案について議論を開始することにした。また、今年開設することにした中国内のウオン- 元直接取引市場を今年6月まで展開されることで合意した。

1

高高度ミサイル防衛システムサード(THAAD)の韓半島配置を置いて最中外交摩擦が生じているが、経済協力関係は、再確認したものと評価される。

ユイルホ副首相兼企画財政部長官は26日、中国上海で開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議に出席し、周小銀川中国人民銀行総裁を面談して、このように議論した。
 





2

ユ副首相は、「世界経済の低成長の克服と最近の世界的な金融市場の不安に対応するため、G20が政策協調を強化し、断固として対応する必要がある」と述べた。

今年上半期中、中国内のウオン - 元直接取引市場の開設のために、韓国は外国為替取引規定の改正作業に着手することにした。また、中国内の原画清算銀行のインストールを進める予定である。

中国側は外国為替取引センター(CFETS:Chinese Foreign Exchange Trading System)が直接取引市場の開設作業を引き受けることにした。 CFETSは中国の銀行間外国為替取引仲介、基準為替レート告示などを担当する人民銀行の傘下機関である。

双方は、直接取引市場の開設が、両国の金融協力の重要な事項で、クロスボーダー取引で両国通貨の使用を促進し、両国間の貿易・投資を拡大する契機になるものと予想した。

ユ副首相はまた、金庸世界銀行総裁と面談を持って韓国と世界銀行が開発、気候変動対応など、グローバル主要な問題で緊密に協力することを約束した。

金総裁は「韓国経済が日本式デフレに苦しまないためには、労働部門など4大部門の構造改革を強く推進しなければならない」と強調した。

双方は、セマウル運動など韓国の経済発展の経験をもとに、途上国の開発支援と気候変動への対応をサポートにおいて協力を強化することにした。また、韓国が経験と技術を持っている再生可能エネルギー、環境にやさしいエネルギータウン、電気自動車、スマートパームなどの分野でのGCF事業などを実行するために緊密に協力していくことで合意した。






この記事を読んだ韓国人の反応




中国銀行の不良化で、ヘッジファンドの攻撃を受けて人民元切り下げ圧力受けていることを知らないのか?間違えれば、金融危機を経験しかねない国と通貨スワップが何故必要なの?



・セマウル運動(※日本統治時代に朝鮮総督府が進めた農村振興運動をモデルにした韓国の地域開発運動)って、何時の話をしているんだよ



安全保障よりも経済の方を優先されて不安になる



我々の次の世代が心配される。 中国はいつも力を持てば、傲慢になる民族なのに・・



・経済回復と中国にあまりにもオールインしては絶対にならない



どうして中国が嫌がるサードを配置しようとして、経済協力までしようとし、こんな二重な外交をしているの?



・実利を得てこそ生きられる~



倒れそうな中国の手を握って、韓国まで倒れ



・韓国が持っている新再生エネルギーと? 中国風力市場が世界1位なのに? グローバルトップ10、風力タービン製作会社のうち5社が中国企業なのに?何を言っているんだ?



・韓国が有する新技術を中国と連携すれば、韓国が何を得る? 中国の技術が発展すれば、彼らは韓に何をしてくれるの?



スワップの延長するな。 中国は危険だ



・北朝鮮のミサイルは国家の危機では無かったのか?



・恐らく中国の方が韓国より焦っているのではないかな?海外の投機が狙っているのが香港市場だし



・キムジョンウンが韓国をミサイルで狙っているのに何の経済?



・通貨スワップはスワップでサードはサード、これが外交なんですよ



アメリカと中国が交渉を始めたのを見ると、サードの配備は白紙に成るからだろ

 

政治は政治、経済は、経済。 外交が何かのゲームのように単純に関係している訳では無いよ



・通貨スワップは我々が損害ですけど・・ 今、中国経済はIMFの一歩手前ですが


引用元記事:http://goo.gl/vcuxb3








follow us in feedly