韓国が日本と1月の観光対戦で完敗した。 昨年より奮戦したが、むしろ格差がさらに広がった。

1

政府が無ビザ発給対象の拡大など、観光活性化支援策を相次いで打ち出しているが、実際最も重要な韓国の「観光コンテンツ」は依然として、韓流と買い物など一部の分野に集中しており、根本的な体質改善が必要だという指摘も出ている。

26日、法務部と文化体育観光部、日本政府観光局(JNTO)によると、今年1月、韓国を訪問した外国人訪問客は110万9300人で、前年同期比19.2%増えたものと調査された。
 





2
 
国籍別には中国人観光客が昨年同期より34.9%増えた55万2600人を記録した。 香港ㆍ、台湾など中華圏訪韓客は10万200人で、6.3%増加した上、米国や欧州などの観光客も昨年1月より7.1%増加した16万5300人が韓国を訪れた。 反面、日本人観光客の場合1.8%減少した13万8400人にとどまった。

この様な宣伝にもかかわらず、日本政府が受け取った「1月の観光の成績表」は韓国を圧倒したことが分かった。 一ヵ月間、185万1800人に達する外国人観光客が日本を訪れ、前年同期(121万8000人)より52%急増した。 両国が誘致した観光客の格差は昨年よりもさらに大きくなった。

特に世界の観光市場を牛耳っている「中国人観光客」の日本行きが目立っている。 「遊客誘致」に死活をかけている韓国政府や観光当局としても緊張が加重される状況だ。

1月に日本を訪問した中国人観光客は47万5000人で、昨年同期(22万6000人)よりおよそ110%が増えた。 世界的な旅行専門サイトが中国人を対象に実施した「最も訪問したい国」アンケート調査でも日本が毎年1位を固守しており、このまま行くと、「遊客観光客誘致」で韓国が近く日本に逆転を許しかねないという分析も提起されている。

中国を除いたほかの国々でも日本を訪れる外国人が増加している。 台湾や香港など中華圏国家の場合、訪日観光客が前年よりそれぞれ47.5%、42.5%増えており、米国(22.3%)ㆍ、カナダ(24.2%)ㆍ、フランス(20.6%)などクミ地域でも日本を訪れる人が多くなった。

一方、1月一ヶ月の間に全世界で日本を一番多くの訪れた人は韓国人が分かった。 昨年より43.8%増加した51万4900人が日本観光に出かけた。 日本に対する観光収支赤字はさらに増えた。





この記事を読んだ韓国人の反応




外国人にキムチばかり食わせていたら来なくなるでしょ



・もう本当にキムチ、キムチ持ち上げるのは止めて欲しい



もし私がアメリカ人でも日本の方に関心を持つと思う。日本は不思議の国だから



韓国から収奪した文化財を自分の国の文化財として博物館に展示している国と、日本に支配されて、文化財を消失した国のコンテンツが勝負に成るか?



・もし日本が成人ビデオ観光を開発したら、韓中の観光客がもっと増えるだろ



・キムチwwwwwwwwwwもう止めて



・韓国からは日本への航空券がとても安いし、日本に行けば韓国の様にボッタくりに遭わずに遊べるし



・円安が原因だろ、円高になれば元に戻るよ



・韓国は観光客からの金の巻き上げの取締り強化し、厳しく処罰しなければならない



最近日本に行ってきたけど、また行きたいと思った



・韓国には韓国的なものがない。ただ、ショッピング観光している人が大半

 

・韓国で酷いボッタクリに遭って、悔しい思いをしている外国人が多いのではないかな?



8年前は韓国の方が観光客数では日本を圧倒していたけど、それも為替レートの影響が大きかったのだろう



・日本の物価が安くなって、韓国や中国、中華圏の観光客が日本に押し寄せただけだ



・韓国は中国人の化粧品販売が多かったけど、今はそれも低下し始めている

 

結局はキムチが忍者に負けた



・日本に旅行に行って一週間も経っていないけど、直ぐにまた日本に行きたく成った

 

敗北ではなく、中国人らの旅行者が日本に向かい始めただけだ。中華圏以外の旅行者の数はそれほど増えていない



・日本と韓国人の違い

日本:観光客達が好きようなものを作る
韓国:自分たちが自慢したいものを作る



・また、旅行に行きたい国の内の数少ない国日本



・日本は人種差別が無く、文化が近いので、アジアからの人気が高い



・ショッピング、料理、キャラクター、アニメ、遺跡地、温泉...観光に来た人を虜にするコンテンツ数では日本が圧倒的だ。これは仕方がない



・日本旅行行く95%が中国韓国人だよwww観光大国のドイツ、イタリア、フランス、米国、スペイン、中国に日本は遠く及ばない



・ニンニン!



引用元記事:http://goo.gl/m0JopF








 
follow us in feedly