今月2月18日、「Redditの」には以下の様な写真が共有された。写真を共有した「Lokimonoxide」は、この眩しく美しいキリスト像がどこにあるのかと尋ねた。

1

「Redditの」では大きく話題にされていなかったが、一緒に共有された画像共有サイト「Imgur」で、この写真は120万回を超えるヒットを記録した。誰もがこのキリスト像の位置を気にした。また、「イエスが十字架につけられる前に筋肉を沢山付けていた」などの反応が上がってきた。写真の中のイエスは、腕とお腹、胸、太ももに大きな筋肉を持っていた。顔の表情もあまり思いやりのある感じではない。筋肉にふさわしく非常にカリスマがあふれる表情である。写真の下に書かれたハングルをみて、このキリ​​スト像が実際に韓国にあるようだ。






2

ところが、一体どこにあるのだろうか?

「国民日報」が去る2013年1月4日に報じたところによると、2012年11月、慶尚北道永川市華南面に「キリスト教彫刻公園」が出来た。 ソウルの無窮教会の元老であるジャンダルユン牧師が引退後、故郷に引退牧師に建物2棟と5つの展示館を一緒に建設して造成」したものとする。そして、この公園の彫刻の中で最も目立つのが「カルバリの十字架像」として写真を紹介された。この像は、高さ14m。両腕の長さが6mに達する。

「キリスト教彫刻公園」の次のカフェには、実際に以下のような写真があった。

このキリスト像についての解説記事もすでに報道されたことがあった。 「クリスチャン・ワールドモニター」の2015年7月1日の報道によると、「十字架を背負っていばらの冠を載せたイエスの顔は重い荷を負っている東洋人の姿」という。 「イエスの形状は、現在のイメージである痩せて弱いイエス像ではなく、世の罪を受ける力強いイエス像の肉体を筋肉質で表現した。 





この記事を読んだ韓国人の反応




・キリストは大工の息子だから



・体脂肪率が低そうだね



・ヘラクレス



・見えない物は信じないのが最善



筋肉も筋肉だが、表情が怖い



・イエス様を信じて天国行きましょう



・イエス美化



・広背筋がすごい



・あれだけ筋肉があれば十字架を折りそうだけど



イエスは大工だったという説もあるし、中東人で筋肉質だったとも言われている



・聖書を完全に信じられるか?



イエスは色黒で不細工だったという話もある



・パワフル教会



・あれだけの筋肉ならステロイドでも使っているだろ



イエスは馬小屋で生まれた娼婦の息子だろ



・政治であろうと、宗教であれ、理念でも、学問でも、すべて朝鮮の土地に戻って来たらこの様に変えられてしまうのだよ



・イエスの養父ヨセフの職業は大工であり、当時親の職業を受け継ぐのが一般的だったことを考えるとイエスも大工の仕事をした可能性が大きい。 考古学者によると、イスラエルでの大工は事実上石工に近かったと見ている。 なぜなら、気候が厳しいイスラエルでは有用な木を求めることが困難で、一般的に大工は家の内外に使われるものを作る人だったわけだが、彼らの家の主な材料は石だったからだ



・砂漠で娼婦の息子に生まれて、大変な仕事をしたようだ


引用元記事:http://goo.gl/uKMLRM








follow us in feedly