ソウル恩平区に住む 裵(74)氏は一昨年、地下鉄に乗っていた途中、いきなり頭がくらっとし、意識を失って倒れた。 すぐに救急室に運ばれ、診断の結果病名は、脳梗塞。その後現在まで二ヶ月に一回ずつ総合病院に行って診療を受けて薬を貰っている。

2

ここに難治性眼球疾患である黄斑変性まで発病したことから、眼科にも随時出入りして、しばしば関節炎治療も受けている。 裵氏は「この病院あの病院を通いながら毎月使う病院費だけで2万円を超える」と話した。

昨年健康保険診療費に出費されたお金は57兆9593億ウォン。このうち3分の1以上は裵氏など65歳以上の老人に使われたことが分かった。 人口高齢化が急速に進み、老人の医療費増加の勢いも急な状況だ。 国民健康保険公団はこのような内容を盛り込んだ「2015年健康保険の主要統計」を28日発表した。
 





1

昨年65歳以上の老人が使った診療費は前年より10.4%増えた21兆9210億ウォンと集計された。 65歳以上老人は全体健康保険の人口の12.3%(622万人)を占めるが、彼らが使った診療費が全体の3分が1以上(37.8%)に達する。

全体診療費で老人診療費が占める割合は2010年32.4%から2012年34.4%、2014年36.6%へと着実に伸びている。 1あたり毎月平均支出する診療費も65歳以上の高齢者は29万7368ウォンで、全体平均(9万5767ウォン)の3.1倍だ。

健康保険審査評価院の昨年の診療費審査の実績の統計でも65歳以上の老人が病院を訪れた1位疾病は入院の場合、老年白内障であり、外来は高血圧だった。

昨年職場加入者が負担する健康保険料は前年より3.4%増の月平均10万510ウォンで、保険料が初めて10万ウォンを超えた。 職場加入者保険料は2009年万250ウォンから上がり続けた。 地域加入者の場合、月保険料は万876ウォンで、同期間31%ほど値上げされた。

昨年健康保険適用の人口は5049万人(前年比0.3%増)であり、職場加入者は71.7%を占めた。 健保公団は「職場加入者は2009年以後、加入基準が緩和されて外国人加入者が増え、増加している」と説明した。

昨年1当たり月平均入院や外来診療で病院を訪れた日数は平均1.64日と確認された。 病院や医院、薬局など、全体の療養機関数は8万8163件で、前年と比較して1.8%増えたが、漢方病院が231から260医院に増え増加率(12.6%)が最も大きかった。






この記事を読んだ韓国人の反応




問題は、老人の病院ツアーが問題だ。毎日物理治療を受けに行く



・年を取れば体のあちこちが壊れてきて、医療費がかかるのは当然なのだが

 

痛いのなら病院に行かなくては成らないだろうけど、軽い症状でも病院に暇つぶしに行く人が



・今の老人世代はとても苦労して我々を育ててくれたのだから仕方なの無い面もある



人間は死ぬ10年前から、今までの人生で使ってきた医療費の数倍を必要とする



これは老人よりも、薬や注射を多く出す病院の問題では無いのか?



病院の無駄な過剰診療、過剰処方を減らすべきでは無いだろうか?



・年老いた両親に医療費がかかるのは当然ですよ



・長く生きるのも大変だ。超高齢化社会になったとき、医療負担は誰がするのだろうか?



・これまで骨を折って働きながら、みな強制徴収された。年老いて体が故障するのは仕方ない、老人を悪者にする様なこの記事には抵抗がある



・年寄りを批判しても、最後は貴方に帰ってきます



ヘル朝鮮も、もうすぐ65歳の高齢者が健康保険料の85%を使用する日が遠くない。 本当に数年以内に60-70%使用する時代が来るだろう



・国家という組織の中で人口が重要な理由は、税金、国民年金、健康保険、不動産景気などを支える、奴隷が必要なんだそれで出産率を奨励する



・老人は我が子が失業者に成って、更に病んでいる



・古い車に故障が多くなのると一緒だろ。老人に医療費がかかるのは当たり前だ

 

今の老人達は国家近代化の為に血の汗を流しながら努力して来た人なのに、卑下すのはやめろ

 

・国の発展を為に苦労したお年寄りの方たちに使うお金は仕方が無い



健保料の機能は、元々社会的弱者を保護するための所得再分配ではないかですか?

 

・老人が何か大変な過ちをしたかの様な記事は良くないと思う



整形外科や漢方医院に通院して、毎日マッサージ受ける老人らは無くならなければなりません



引用元記事:http://goo.gl/rwbkci








follow us in feedly