スレ主

-ワシントン・タイムズに掲載された3・1運動虐殺の惨状報道

3

[事件の顛末]
3・1独立運動当時、日本軍が京畿道水原堤岩里の住民を集団殺害した事件。
1919年3月31日、堤岩里で独立万歳運動がスタート。
日本軍は第1次検挙作戦を通じて村を襲撃、放火し、主謀者を検挙する。
4月15日、有田日本陸軍中尉が率いる軍人がキリスト教徒・天道教30人余りを教会堂の中に閉じ込め、ドアを閉めて包囲していた軍人らが、無差別に射撃。
射撃が終わった後証拠を無くすために、わらの山と石油をかけ、火を付ける。
外に出てくる人達をすべて焼き殺す。
カナダ人宣教師スコフィールドはこのような蛮行を写真に収め、米国で世論化させる。しかし、日本は偽りの発表を通じてこれを否定して隠蔽した。
 




破壊された堤岩里教会

1

家族を失って落胆した親子

2
4 
4
5
5






この記事を読んだ韓国人の反応




・30人死んだのも虐殺か? これが朝鮮のスケール



過酷に数人殺したんだ虐殺は虐殺だ



・ヘル鮮



・はい、次の日本猿



日本軍側もそれなりの事情があったのだろう。 故人の冥福を祈ります



・やっと30人を捕まえるのに火薬を消耗するなんてパカヤロ!



・この様な事件は問題化させなければならない

証拠も明らかして
時期と場所
加害者被害者も明確して

これで国連に行こう



いくら日本が隠そうとしても、提岩里虐殺事件は隠せない



日本が犯した無辜の良民虐殺事件



・あの時は、国を奪われた状態であった



・悪いやつら!

 

あんな極悪非道な犯罪を犯した日帝こん畜生



引用元記事:http://goo.gl/SWc81k









follow us in feedly