韓国の食文化を日本に知らせるチョソンオク料理研究院長

チョソンオク料理研究院長

東京新宿新大久保の「コリアタウン」を訪れる日本人も以前より減り、嫌韓・反韓デモも開かれるが、実生活を見ると、韓国料理と和食が一緒の食卓に上がるほど近いです。

日本東京で日本人の韓国料理のシェフを約1千人育てたチョソンオク(49)料理研究院長のまた他の肩書きは「韓食の伝道師」だ。

政治的な理由が必要なく、「おいしいという感じは万国共通」と語り、「日本人の食卓にキムチが登場して韓国人が和食が好んで食べるように両国は政治的問題にもかかわらず、実際にはとても近い国」と強調した。
 





2

高句麗の後裔が定着した高麗郡の創設1300周年記念イベントとして高句麗食べ物を再現するイベントで、 この行事を準備し、高句麗の料理の原型を訪れ、1年間、韓国の博物館と文献を漁って来ました。 ところが、意外にもも高句麗食べ物と似ているのが日本の博物館にあったのです。

生活陶磁器も高句麗のものと同じものが展示されていてびっくりしました。 韓国料理は、在日韓国人が伝染させるスタートしたが、韓流で花を咲かせたと思いましたが、すでに古代から食文化交流が行われて来ました。 両国の深い縁を感じました。

チョ院長は、今年上半期にソウルに農水産式文化協会のソウル支社を設立する計画だ。 韓国の食文化が日本によく知られているため、地方の特産食品を日本に紹介することに先頭に立つことためだ。






この記事を読んだ韓国人の反応




表と裏が徹底した二重人格を持った日本人~



今日本食が海外で有名なのは、日本食その物が良い分けではなくて、日本人のマーケティングが上手いから、そうなったのだ



・寿司は広く韓国に入っているのに.. 韓国の料理を日本に紹介するこの女性は素晴らしいですね



・名前から凄いですね...チョソンオク。韓国の有名な韓定食の店の名前かと思いました



・この人の名前からして冷麺屋みたいですね、ぜひ日本に韓国料理を紹介してください!

 

在米かんっく人ですが、米国にも韓国料理がよく知られていることを今日感じた。 昼食の時、買いに出かけましたが、キュウリ・キムチを入れてくれるサンドイッチと、ブルゴギキムチサラダを売っているのでやりがいを感じた

 

外国人に無理やり我々の料理を押し付ける事は無いと思う。美味しければ自然に広まって受け入れて貰える物ですよ



韓国の料理を外国人に教えるのも良いですが、外国人の口に合う韓国料理の開発もするべきでしょう



・ニューヨーク、パリ、ロンドンなど世界主要都市で好まれる国別レストラン順位(数、質的評価)、フランス>日食=イタリア式>イングランド、ドイツ、スペイン式>中華>タイ>インド>ベトナム>アラブ中東>アフリカ式=インドネシア風=韓国料理



・沢庵は日本の沢庵という和尚が朝鮮半島を旅して伝えたらしい



我々が食べているインスタントラーメンも、日本の麺文化が韓国に広まったという感じだ


引用元記事:http://goo.gl/VEQyCd








follow us in feedly