(連合ニュース)日本政府が日本軍慰安婦制度の強制性を否定する内容の文書を外務省ホームページにも掲載したものと4日、確認された。

1

昨年12月韓日間の慰安婦問題について最終的かつ不可逆的に解決されたと合意した後も国内外で強制連行を否定する行動を継続している。

外務省ホームページに掲載された文書は杉山晋輔外務省審議官が先月16日、スイス・ジュネーブで開かれた国連女性差別撤廃委員会の、日本に対する審査で述べた発言内容を要約したものである。
 





2

外務省はA4用紙4枚分量の文書で「日本政府は、韓日間に慰安婦問題が提起された1990年代初め以来、これに対する本格的な事実調査をしたが、政府が発見した資料の中には軍や官憲による'強制連行'を確認できなかった」と明らかにした。

さらに、「慰安婦強制連行という見解が広まったのは吉田清二(死亡)氏が'私の戦争犯罪'という本で'日本軍の命令で済州島で多くの女性を持ち込んだ'は虚偽の事実を捏造して発表したため」と主張した。

そして、「これを大きく報道した朝日新聞も2014年8月何度も記事を通じて'事実関係に誤りがあると報道した'、読者に謝罪した」とした。

日本政府が慰安婦に対する軍の関与を認めたが、これは「強制連行」ではなく、「慰安所の設置ㆍ衛生管理を含めた管理、慰安婦の移送」などにのみ間接的に関与したという論理を再び主張したのだ。

安倍晋三首相もこれまで国会答弁などを通じてこのような立場を明らかにし、「慰安婦募集は、軍の要請を受けた事業者が主にした」という発言を繰り返した。

これまで日本政府は国連など国際機関や外国メディアを通じて軍慰安婦の強制性を否定する行動をしてきたが、韓日間の慰安婦の妥結の主務部署である外務省がホームページにこれを掲示することによって、韓国政府の対応が注目される。 






この記事を読んだ韓国人の反応



後頭部殴打だけで何回目か・・・ いくらバカな政府でも、日本が絶対に交渉対象に成らないということを知っているはずなのに、韓国政府は後頭部を出しているんだね....



歴史の真実を操作する日本



日本の権力集団は犯罪組織と似ている。 名称は政府だが、やる事は組織暴力団と大差ない



・親日派を一掃しない以上、日本の歴史否定は続きそうだ



・何を合意したのか、合意文書を公開しろ



これが合意して謝罪したという日本政府の行動でこざいます。保守団体の方は満足していますか?



・これは予見されたこと.....



・セヌリ党の支持者は拍手して歓迎しろ、君たちが招いた結果だ



・皆さん帰郷を見てください。映画自体の完成度はないかも知れないが、本当にすべての国民がすべて見なければならない映画だと思います、慰安婦がどれほど残酷だったのか少しでも画面で感じられます



本当に北朝鮮の様な国日本、日本には強行に対処してください



・日本は韓国に何の謝罪をした?再び謝罪しなければならない



・大韓民国の外交力は面白いよ~



・ほとんどの国民はこの様な状況に成る事をすべて予測したが、韓国政府は予測していなかったのか?



日本がこんな行動を取るなら合意は無効だろ



・情けない政府の外交能力



・合意破棄宣言をしなければ成らないのではないですか?



・軍の要請を受けた事業者といわれているが、なら何故軍は慰安婦募集の要請をしたんだ?



・強制性が無かったのに、どうして10代の少女達が慰安婦に成ったの?


引用元記事:http://goo.gl/50TzoP








follow us in feedly