供給側の改革を推進している中国が大量解雇を予告している。 1990年代末、朱鎔基首相が主導した大規模な解雇後、20年ぶりだ。

1

フィナンシャルタイムズ(FT)とロイター通信によると、中国政府は供給過剰の解消に向けて石炭と鉄鋼産業で180万人を解雇することを皮切りに、今後3年間国有企業の労働者500万~600万人をリストラする計画であることが分かった。

先立って中国政府は、構造調整の過程で失業した労働者を再配置するために1000億人民元(1兆8600億円)規模の失業の支援基金を設けた。
 





2

5日開幕する全国人民代表大会(全人大)で、中国の指導者は、供給側の改革の主要実践案を議論する予定の中、ゾンビ企業の整理と国有企業統廃合政策が具体的に姿を現わす見通しだ。

FTは「朱鎔基首相時代に莫大な負債と過剰供給などの問題が浮上し、3000万人が職場を失い、約数百の国有企業が民営化された」、「習近平政権が推進している構造調整改革が20年前の状況を連想させる」と報道した。

この1998~2001年には大規模な解雇のせいに労働者デモが全国各地で起きており、これに中国政府はこれをもみ消すための基礎的な社会安全網を導入した。 以降、再び成長街道を走りながら、雇用が増え、家計所得水準も急速に増加した。 しかし、習近平政権に入って高速成長時代が幕を下ろし、過剰供給による後遺症が起こるようになり、これは大量解雇につながっている。

朱光耀中国財政部副部長は「供給側の改革を推進し、最も気を使うのが雇用不安の問題」だと語り、「失業者を対象に職業教育と雇用斡旋、最低生計費支援などを通じて、衝撃を最小化する方針」と説明した。






この記事を読んだ韓国人の反応



・韓国、日本のバブルが崩壊後、莫大な失業難を経験して政治的な混乱まで経験した。 人類歴史上最大の経済のバブルを作った中国。構造調整後に予想される反発を一党独裁でうやむやさせることができるのかと、中国共産党は試験台に上がった



失業者になった中国人らが、生きるために韓国に入って来て、あらゆる犯罪を起こしたりすると思うと、さらに怖い



・大陸クラスだと一度のリストラで500万人の失業者が出るんだ



来るべきものが来たね、民衆蜂起や暴力鎮圧、そして共産党崩壊



・韓国で言えば13万人が解雇された計算になりますが、かなり大きな数字ですね



・分裂しろ、分裂しろ

 

・中国はまだ、構造調整もきちんと履行しなくて、IMFも経験していないから、一度経済不況に陥ると立ち上がれなくなるのでしょう



中国は遠からず崩壊する国だ。 まだこれは試作段階に過ぎない



・中国は一部の富裕層を除いて、南米の様な生涯後進国の生活をしている

 

もう中国人は韓国に来始めている。済州島もビザなし韓国で来て、昨年だけで4300人が逃げた



・韓国より30倍人口が多い国だからスケールが違うんだ



・中国の民主化が遠くなさそうだね



・韓国の大企業は20代も名誉退職させるのに



解雇をしないと、会社が倒産するのだろうけど、500万人の解雇をすると5000万人はご飯稼ぎの糧が減って生活が苦しくなりそうだね



・中国は滅びるのも派手だ



・左派の奴らが羨望する社会主義共産国家でも、会社や国家が存立するため、解雇をするんだ


引用元記事:http://goo.gl/Z7PF0e








follow us in feedly