2000年代初め、ソウル東大門や新村に立派なファッション専門商店街が相次いで作られました。 若者層が多く殺到し、一時かなりの全盛期を享受しました。 ところが、長い不景気で、インターネットショッピングが活性化され、現在は軒並み廃業したり競売にかけられ侮辱を受けています。

これは2006年、ソウル新村駅の前に出来たファッション専門商店街です。大学街や駅圏という良い条件だったが、商売が上手くいかなくなりオープンから5年で閉店し、今まで放置されています。

1






2

1階から4階までのファッション専門商店街はすべて休業し、この様に空っぽの状態です。

ファッションの専門商店街が集まっている東大門も同じです。

2008年にオープンした同商店街は現在、全体の7階建ての内、3階が空いています。

3
 
この為、入店業者らが随時競売売り物に出され、この一ヶ月間、ほとんど毎日に競売に出されました。

[ファッション専門商店街の分譲投資者:つまりお金です。 商店街活性化されない部分があるから賃貸料とかそんな部分が遅遅としました。]

これらの商店街は競売人気もないため、最近5年間平均6回程度流札されて、落札価格も鑑定価格の3分の1水準しかなりません。

4
 
[朴ウォンガプ/国民銀行の不動産専門委員:大型アウトレットが外郭に沢山出来た上、インターネットショッピングまで発達し、商圏の大きな変化が起きていますが、立地がいくら良くても、必ず成功が長続きすると見られないという…]

全般的な不況の中にトレンドに敏感なファッション専門商店街がもっとひどい苦痛に苦しんでいます。






この記事を読んだ韓国人の反応




時代の流れというより、悪徳商人らのためイメージが低下したせいも大きいと見ます

 

中国製の服をボッタくり価格で売るのだから、誰が行くかよ



青年世代が愛を放棄するほど、その国は滅亡を免れない。 愛をしないなら、あえてもっと多い服を買って、レストランに行ってご飯を食べる理由はないだろう



東大門は最近は分からないが、客を捕まえて、絶対買わないといけないという脅迫をして、不良があっても服を返品できない。そんな店はつぶれて当然です



・東大門に行くと本当に客引きをしていてうんざり



かなり以前の話ですが、東大門の店で服を見たのだけど、高いので他の店に行こうとしたら、突然悪口を言われて暴行までされる所だった。東大門の店は本当にチンピラ集団だ



・東大門は、服をちょっと見てから気に入らなくて買わないと後ろで悪口を言う所だった



・東大門は偽物ですらとても高かった



常識的に考えて、誰があそこに行って服を買いますか?



・こんな奴らは同情してはいけない、彼らが潰れた理由はある



東大門に最近言ってみたら、人通りは多かったけど、店はガランとしていた。不親切で購入を強要しようとして、買わないと悪口を言うのだから当然ですよ



・高いし・・カードを差し出せば嫌な顔をして...交換や払い戻しできなく...服着を見る空間もなかったり、手狭で・・インターネットショッピングモールより優れた点がない...それで破産するのだ...他の理由はないよ



・客引きが酷い



・ネットショッピングは返品が容易だからね



・ここのコメント見ての通り、東大門は本当の問題多かった



80~90年代の学生時代、東大門に服を買いに行く時は、戦闘する覚悟で行って... 最近、だれがそんな場所で服を買いたいのか



東大門が滅びた理由は、ぼったくりに、脅迫性販売に負担が重くて、東大門に行かず、インターネットでショッピングする



・最近は店員に気を使うのが嫌で、ネットで服を買う様にしている



・あの狭い通路を歩くと、あちこちで客引きをしているので精神が疲れる・・



引用元記事:http://goo.gl/lqyRPz








follow us in feedly