(連合ニュース)トヨタと日産、三菱など日本の主要自動車メーカーのディーゼル自動車もドイツのフォルクスワーゲンのように道路走行時の基準値の最高10倍にのぼる有害排出ガスを出すことが明らかになった。

1

4日(現地時間)米国のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、日本国土交通省は最近、日本の企業が自国で生産ㆍ販売するディーゼル車両6種を実際の道路で検査した結果、4種で基準値よりはるかに多くの窒素酸化物(NOx)が出たと明らかにした。

このうち、トヨタのミニバス「ハイエース」(HiAce)とスポーツユーティリティー車両(SUV)の「ランドクルーザープラド」、日産のSUV「エクストゥレール」(X-Trail)など3種は、道路で実験室検査を通る基準の最高10倍に達するNOxを輩出した。






2

また、三菱の内需用乗用車「デルリカD:5」(Delica D:5)の排出ガス量は基準値の5倍に達した。

これに比べてマツダのSUV CX-5は道路でも実験室検査のときと同じ水準の有害ガスを排出し、同じ会社の小型車デミオ(Demio)も、微々たる差だけを記録した。

日本当局は現在、ディーゼル車両の販売承認の過程で排出ガスと関連して20分間の実験室検査だけを要求している。

国土交通省が今回に自国のディーゼル車について道路走行検査を実施したのは前回問題となっていたフォルクスワーゲンの排出ガスの操作スキャンダルの影響のためだ。 

フォルクスワーゲンスキャンダル以降、欧州など、各国は車両排気ガスを既存の実験室ではない実際の道路走行状況で測定する方向で関連規定を強化する動きを見せている。

一方、トヨタと日産、三菱などは、自社車両が国土交通部検査で排出ガス基準値を超過したことについて「国際基準に合わせて実際の道路でも、有害ガスを少なく排出する車両を作ることができるよう、技術開発に努める」と話した。






この記事を読んだ韓国人の反応




最高の技術力を持った車だという日本車のドイツ車も、もう信じられないな



・日本人は放射能では海洋汚染させて、ディーゼル煤煙では大気汚染、とても全地球的に迷惑ばかりかけている迷惑民族。そのまま沈没が答え



ドイツ製ディーゼルは煤煙が基準値の40倍、日帝は10倍



フランスではディーゼル車の販売が禁止されており、欧州では退出の危機だが、韓国は未開でディーゼル車占有率60%台。 米国、日本、中国でもディーゼル車占有率3%台だ



・現代起亜自動車も同じだよ? 実際に欧州で測定してみると、排出ガスの基準を7倍超過された。 クリーンディーゼル詐欺だ



・トヨタは国産車より安く、性能もデザインも国産と同じ



・マツダは頑張ったね、トヨタは釈明しろ



ディーゼルエンジン自体が煤煙だらけだ。 それを環境にやさしいと言えば詐欺だろ



・ディーゼルエンジンはどの国の製品であれ振動があるし、環境面でも良いとは言えない



行動を走り回っている古いディーゼル車両の取り締まりをしてください。あの黒煙を見るたびに発ガンだと感じる



・国産車のテストもしてください。絶対に問題があると思います



・9人乗り以下の軽油自動車の排気ガスを毎年厳しく調査し、超過される場合は税金を厳しく課すべきです。 環境汚染の主犯なんです



・LPG車両を一般人も買えたらいいのに、LPG車両はディーゼル、ガソリンに比べて汚染物質排出が1/10に過ぎない。それでも政府が一般人にLPG車両販売を許可しないのは、油類についた税金のためである。税金の為に国民は悪い空気を吸って、ガンにかかっても良いと思っているのか?



・トラックは仕方が無いが、最近はSUVが人気だし、乗用車にもディーゼルが増えている。これ以上増えない様に軽油の値段を上げるべきでは無いだろうか?

 

・ディーゼル車の数を減らす為に環境税を上げるべきだ



・エコ車の数を増やさないと



・ディーゼル車両の後ろにいる場合、発ガン物質1等級を吸い続けながら走っているのと同じだ。窓を全て閉めて、外気吸入口を閉めて、室内換気循環やエアコンつけたほうが良い。もちろんフィルターも6ヵ月に一度は交替するという仮定の下に



・ディーゼル車は全て検査して規制してください



韓国の全てのディーゼル車は煤煙測定も強化しなければならない。 ディーゼルエンジンは発ガン物質を吐き出す環境汚染の塊である



・ディーゼル車の危険性についてJTBCで放送したことがある。 ディーゼル車のそばで働いて、肺がんで死亡した事件があり、幼い子供たちはディーゼル車の横に長く立っていても危険だという


引用元記事:http://goo.gl/vrZdPx








follow us in feedly