(連合ニュース)昨年20∼30代世帯の所得増加率が史上初めて「マイナス」を記録した。 

1

若者の就職難が深刻化し、職場を得ても非正規職であることが多い為の出来事と分析される。 

8日、統計庁の「家計動向」によると、世帯主が39歳以下の2人以上の世帯の昨年月平均所得は43万円で、前年より0.6%減少した。 

社会活動を活発に開始する年齢である20∼30代世帯の所得が減少したのは2003年の家計動向調査が開始されて以降初めてだ。 
 





2


20∼30代世帯所得増加率は2011年5.2%、2012年2.9%、2013年7.4%など、着実に増加した。

しかし、2014年0.7%に減少してから、昨年ついに減少に転じた。 

特に20∼30代サラリーマン世帯の昨年の勤労所得が0.8%減少し、事業所得・財産所得などを含めた全体所得増加率がマイナスになった。 

所得が減った年齢帯は20∼30代だけだ。 

昨年40代世帯の月平均所得は495万9千円で2.8%増え、50代世帯は505万五千ウォンで2.0%増加した。

60代以上の世帯所得(300万4千ウォン)は6.8%増え、増加幅が最も大きかった。

若者層や中高年層世帯の所得格差がますます拡大されているのだ。 

20∼30代の家計所得が後ずさりをした原因としては、青年失業が一番先に挙げられる。 

昨年、青年失業率は9.2%に、歴代最も高い水準だった。

それでも就職すると言っても非正規職の雇用を握ったり、生計型創業をするなど、雇用の質が悪化している状況なので、所得水準が落ちるしかない。 

懐事情が悪化した20∼30代世帯は所得の減少幅より支出をもっと減らした。 






この記事を読んだ韓国人の反応




「親よりも貧しい最初の世代になるだろう」



・就職するのが大変ですよね、しかも非正規だと人間扱いされないし



所得が少なくなっているのに、物価が上がっているのだから、マイナスになるのは当然



・青年失業率が9.2%といわれているが、それには短期アルバイトすべて含まれているので、それらを除けば30%ほどに成る



20代が家賃を払って、60代が持っていくのだから所得格差も広がるだろう

 

・俺は多分、一生貧乏して生きる



・現システムでは絶対に解決できないだろう.......



・30代、非正規で給料が安く結婚は諦めている



・40代の平均世帯月収が49万円?そんな嘘を書くな



青年達の夢が公務員になってしまった国には、未来がない



・結婚も出産も全てが無理



・フリーターです。恋愛、友達を放棄してから長くなりました



このまま行けば、現在の20代、30代は、韓国の独立以来最も貧しい世代に成るだろう

 

さらに哀れなのは、その貧しい世代らは、国民年金も踏み倒される可能性が高い

 

日増しに非正規職は増えて、正規職という仮面をかぶった派遣社員がほとんどである。月給は15~18万円。結婚も暗い



・大韓民国は終わった。ゴールデンタイムはもう過ぎていった



・これは国家非常事態だ。お金を稼いで結婚をして、家族をどう養う? 



・青年層から始まった貧困・・今は100歳時代なのに将来が思いやられる



出産率も今すごく深刻なのに… 果たしてこの国は未来があるかな?



・不動産バブル崩壊も起こりそうだ。マンションの物量よりも、青年達が死んでいっている

 

若者が夢を諦めた国が維持されるのかと・・



・どう?ヘル朝鮮人らはどうせ憤怒することができない奴隷



引用元記事:http://goo.gl/QSfKZd








follow us in feedly