「借金の上に座っている企業が中国経済の脅威の要素として浮上している」という指摘が継続して提起されている。 中国企業が抱える負債は1兆800兆円に迫るものと調査された。

1

28日、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、中国経済が負債を返済できず、政府の助けによってのみ生きていく企業、いわゆるキョンシー(ゾンビ)企業によって、傷だらけになっていると報道した。 この様なゾンビ企業と彼らが抱えている負債は現在、中国経済の足を引っ張っており、今後数年間、障害の役を引き続き果たすとWSJは伝えた。 
 





2

中国企業の負債は山積みとなっている。 WSJは、グローバルコンサルティング会社マッケンジー報告書を引用し、中国非金融企業の負債が2015年中旬現在、14兆5000億ドルに達すると報道した。 このような負債額は最近、8年の間に4.5倍以上増えたのだ。 

また、中国企業の負債は、中国国内総生産(GDP)の131%に達するもので、米国企業の負債規模の2倍に近いものだ。 

中国企業と政府、家計負債を合わせた総負債は2015年中旬現在、31兆9000億ドルに2007年中旬(6兆6000億ドル)より急増した。 GDP比総負債規模も290%もなった。

このように負債が急増した企業が負債返済に失敗する場合、金融圏の損失が膨らみ、健全な企業に対する貸出すら困難になる。 また、ゾンビ企業を延命させる政策によって全体の経済環境が弱体化されているとWSJは指摘した。 モルガン・スタンレーは2次世界大戦後、民間負債が急増した30カ国を調査した結果、いずれも経済が急落したと明らかにした。 

最近、物価安も実質利子率(=名目利子-物価上昇率)を高めて企業の負債返済の負担を増やしている。 ここに最近下落傾向の成長率も中国政府のゾンビ企業の整理計画に足かせになっている。 

ケネス・ロコプ、ハーバード大学経済学科教授は、WSJとのインタビューで「中国経済が急落(成長率3∼4%に下落)する可能性が非常に高い」、「危険な状況に直面している」と指摘した。






この記事を読んだ韓国人の反応




・中国では10年も出勤すらしていない公務員が給料を受け取って生活をしたりしている。人数が多すぎて全く管理されていない



・31兆9000億ドルというお金がこの世に存在しているのか?



近い内に大陸スケールの崩壊が見れるの?



実は経済が停滞するのは当然のことだ。30年にわたる高速成長をし、その需要と供給設備投資を完璧に合わせることができないんだよ。そうしたら、過剰生産、設備、投資が必然的にできて、企業の実績は悪化して、負債が積もって銀行圏の不良化につながるの



・世界最悪の貧富の格差の国中国。
人口10万人当たりの富の集中程度は
中国0.002%
米国0.019%
日本0.017%
韓国0.028%

韓国の貧富の格差が大きいと考えるが、中国は韓国に比べ更に14倍程度の格差がある



まもなく中国経済が滅びる



中国倒産すると、私たちも倒れるんですよね?(泣)



・中国経済が崩壊しても、韓国のGNPは-6~7%しか落ちない



・中国人口十万人当たりの貧富の格差は韓国の15倍だ。これがどれほど深刻な問題なのか分かる?

 

中国企業の借金は、日本の国家負債級だねぶるぶる



・中国の物価は韓国並みに高いのに、それでも月に5万円も稼げない



農民は未だに月2万か3万だぞ



・近いうちに必ず暴動が起こる



中国の人口十万人当たりの貧富の格差が韓国の15倍であり、極貧層が少なくとも12億人



・で、中国はその負債を返済するつもりなの?



・中国の共産主義は結局滅びるだろう。 ソ連も滅び、東ドイツも滅びた。結局、共産主義は滅びるしかない。中国の一般国民の立場でも、むしろ共産主義やめ、例え国が割れてもその方がはるかに住み良いだろう



・31兆9000億ドルという借金を初めて見た


引用元記事:http://goo.gl/h5Yj9l








follow us in feedly