今年1・4四半期成長率が昨年4・4四半期成長率(0.6%)を下回る可能性があるという懸念の声が高まっている。 年間の韓国経済の成長率を3.0%と提示した韓国銀行の展望値が、来月は2.0%台に後退するだろうと予想される。

1

この10日、李柱烈(イ・ジュヨル)韓銀総裁は、金融通貨委員会直後に開かれた記者会見で「成長経路の不確実性が高まった」、「輸出不振が続いて経済心理が弱まり、下放リスクが増大した」と明らかにした。 また、「1月の実体指標と最近、モニタリング指標上の実績値が当初の期待には及ばないでいる」と説明した。 事実上3.0%台の成長は難しいという点を認めたものと解釈される。





2

当初、企画財政部(3.1%)と韓銀(3.0%)が提示した水準を達成するためには、今年初のスタート地点で1・4四半期1.0%前後の水準で成長しなければならない。

政府と韓銀が年末年始の成長率の展望値を打ち出す時だけでも今年3%台の達成のカギは「輸出」だった。 韓銀の予測値(3.0%)の0.4%が輸出分だ。 内需が、昨年の水準で持ちこたえてくれている中で、輸出だけまた「正常」の状況に戻れば3%台の成長も可能というのが当初の分析だった。 

しかし、輸出が1月(前年同月比-18.8%)、2月(-12.2%)の二ヵ月連続二桁の減少率で外れた上、内需まで後退の兆しを見せている状況だ。

すでに投資銀行(IB)や民間研究所は1・4四半期成長率が昨年4・4四半期(0.6%)に及ばないだろうという分析を出している。

国際金融センターによると、先月末、主要投資銀行10社の今年の平均的な韓国経済成長率の展望値は前月に比べて0.1%ポイント下がった2.6%だ。 このうちモルガン・スタンレーが最近の2.2%まで引き下げ、ドイチェバンクとBNPパリバは2.4%と予測した。





この記事を読んだ韓国人の反応




夢から覚めろ...せいぜい0~1%台だ



私が見る限り、今の水準で行けば1%水準だ



第2のIMFの話出るほど、内需本当に悲惨なものだ。 こんな状況なのに、政府と韓銀研究機関の民間機関という話が2%後半3%、ひどい場合は経済通という企財部長官は3%と高い成長率を予測している



・専門化は数日前までも経済が危機だとしていたが、1~2日後に経済大丈夫だと楽観論を話す。 本当に暗鬱だ.... 史上最大の負債...(家計+企業+政府)そこに限界企業+家計多い、輸出不振に内需餓死に悪材料だらけで、これからがもっと問題な状況なのに楽観論だなんて



・韓国銀行は何の役割をしているのか...民間研究所より予測が出来ていない(泣)



成長が見えないヘル朝鮮はもう終わった。どうしようも無い



・歴代級の補正予算の編成して、ガソリン代を上げて、税収を増やせば成長率も上がるだろうな。 ハハハ~~あ~不動産も上げなきゃ。ほほほ



・マイナス成長に一票投じる



あんな楽観的成長率展望は、中国がする物で、我々は希望事項ではない実質的な展望値と、合理的な目標を設定して実践して行かなければならない

 

・使うお金はなく、ローン返済に苦しんで、給料は上がら無いのに、生活物価ばかりが上がって.. その上油類税はそのままで、単純に物価を下げてくれれば、消費が上がると思うけど



・全世界に韓国程の経済力を持った国で、3%成長をしている国がどれだけあるだろうか?


引用元記事:http://goo.gl/oGTlNz








follow us in feedly