最近、バレンタインデーとホワイトデーに、有名百貨店やインターネットなどを通じて高価に販売されたプレゼント用の手作りチョコの多くが、ベトナムなど東南アジア産だったことがわかった。

1

国立農産物品質管理院は、この2月以降2回にわたってプレゼント用の手作りチョコの原産地表示の一斉取り締まりをした結果、ベトナム産チョコレートなどを混合して製造した手作りチョコレートの原産地をベルギー産など、欧州産原料のみを使用したように原産地を偽って表示したチョコレート製造会社8ヵ所を摘発したと13日明らかにした。





2

これらの会社はベトナム産チョコレートを混合して手作りチョコレートを製造した後、原産地をベルギー・フランス・スイスなど消費者選好度が高い欧州産へと変え、販売した疑いだ。

東南アジア産(スリランカ、マレーシア、インドネシア、ベトナムなど)は、欧州産に比べて相対的にカカオの含量が低く、価格が安いという点に着眼したこれらの業者は、これまで東南アジア産チョコレートをまるで欧州産のように変身させ、有名百貨店、ホテルなどに納品して数億ウォンの利益を得てきたという。

A会社の場合、去年1月から最近までベトナム産を混合したチョコレートの原産地をまるでベルギー産のようにだましてソウルの有名F百貨店に納品、1億ウォンあまりの差益を残した疑いだ。 また、同じ欧州産だが、品質と認知度から落ちるドイツ産を混合して作ったチョコレートをベルギーとフランス産チョコレートと偽ってソウルD、Bデパートに納品してきたCメーカーも摘発された。

このように原産地を騙したチョコレート販売台数が増えたのは、欧州産チョコレートを好む消費者たちのトレンドの変化が大きな原因を占めている。 実際、今年2015年、欧州産チョコレート輸入量を見ると、△、ベルギー1279トン△フランス690トン△、スイス145トンなど計2115トンを記録した。 これは1035トンを記録した2005年度と比較すると、2倍ほど増えた数値だ。

同期間、東南アジア産チョコレート輸入量も23倍以上に増える現象が起きた。 この2005年160トンに留まっていた東南アジア産チョコレートが2015年3789トンを記録するなど、大きな成長を見せた。 このように輸入された東南アジア産チョコレートは再び混合過程を経て欧州製の高価の手作りチョコレートとして販売された可能性が大きいというのが農管院関係者の説明だ。






この記事を読んだ韓国人の反応



本当にヘル朝鮮国民がとても可哀想だ



・虚栄心溺れている韓国人にぴったりと合う製品だな



・嘘と詐欺である大韓民国…子供から年寄りまで...貧しい奴らから財閥まで国全体が詐欺師の国家



そんなに美味しいなら、最初からベトナム産のチョコレートを買って食べれば良いんだ

 

・法律違反業者を公開してください



・人間の口に入るもので詐欺を働くのは止めて、業者は正直に生きて下さい



欧州ではカカオが栽培されないが、欧州産チョコレートも材料のカカオと砂糖はどこから来たのでしょうか?



・一体、会社名を明かさない理由がわからない!消費者を保護するつもりは無い会社なのに、その会社を保護しようとする理由は? 会社を公開してこそ、消費者が知って安全が保たれるのでは無いのか!!!!!



日本水産物の原産地も国産に装ったりするので、驚くべきではない



・こんな偽チョコレートが3900円だと?例え本物であってとても食べられる物ではありません(涙)

 

・こんなのが企業にやさしい政策だ



・この会社には収益の30倍の罰金を課して下さい



・百貨店も信じれらない



こんな報道をしながら、どこの会社なのか、百貨店なのかも公開しないのか?



これは東南アジア産の方が国内産より美味しいという事なのか?



・実名で載せることはできないのか………他の企業が被害者になるだろ



・それにしても韓国で売っているチョコレートがとても高い



・この前も中国産のアサリを韓国産と産地を騙して売っていた業者が摘発された。中国産も韓国産も味に変わりが無いから、消費者は騙されてしまう



引用元記事:http://goo.gl/56OjY1








follow us in feedly