<世紀の対局>「たとえ敗れても…人工知能に対抗したイ・セドルのドラマ」

(連合ニュース)イ・セドル9段はグーグル人工知能アルファ碁との囲碁の対決を通じて、機械と対戦する「人類代表」に生まれ変わった。 

イ・セドル9段

イ・セドルが「グーグルディープマインドチャレンジマッチ5回戦で1勝4敗で惜しくも敗れたものの4局で劇的な勝利は多くの人の胸に刻まれた。 

対局が始まる前、「5-0で勝利する」と語ったイ・セドルが自分の実力不足を認めた後、4回目で勝った場面で失敗を踏みしめて立ち上がる人間の姿が現れた。






1

イ・セドルは1局前半からアルパコを試験してみたが、そのまま押された後、「まだ始まり」と自信を失わなかった。 しかし、2局の敗北後には「話す言葉がないほどだ。 内容上完敗」と話した。

イ・セドルは戦闘的に臨んだ3局で再び負けた後、「人間ではなくイ・セドルが散ってしまった」と明らかにし、「倒すには能力が不足した」と認めた。

しかし、イ・セドルは「見守ってほしい」と語った4局でアルファ碁の「バグ」を引きずり出して初勝利を獲得することに成功した。

3

勝利後、記者会見場を設けられ、平常心を維持しようとするかのように見えたイ・セドルは「一本勝ったがこんなにお祝いされたのは初めてだ」と語り明るく笑った。

ヤンジェホ韓国棋院事務総長は「アルファ碁は思ったよりはるかに強いため、混沌した」と述べながらも、「彼は激しいプレッシャーに苦しまれながらも碁を打っている」と評価した。






この記事を読んだ韓国人の反応




・王者セドル、残念



試合には敗れたが、人生ではもっと成功したと思われます。 イ・セドルさん今日はゆっくり休んで下さい^



人類代表で出たこと自体が誇らしい



・もっとこの試合を見たかった残念



何かワールドカップ終了の様に後遺症残りそう・・余韻が凄い



・お疲れ様でしたセドル!!



これまで囲碁に関心がなかったが、このたった5局だけで全ての国民の関心を集めた。最も祝福される対局をしたイ・セドルに尊敬を表します~~!!

 

それでも本当に囲碁のいの字も知らなかった私も囲碁に興味を持ったきっかけに成ったし、 韓国政府と科学界、囲碁界も覚醒するきっかけになったんだし…。 いろいろな面で残念だが、とても収穫のあった対局だったと思う



・5局まで戦ってお疲れ様でした



・でも人工知能は強かった



アルファ碁はこれからもっと強くなるだろうし、イ・セドルがアルファ碁に勝った最後の人間になる可能性が高い



・アルファ碁には弱点が無くなり、エラーも出なくなる



イ・セドル本人は心理的にとても負担のあった対局だっただろうけど、彼のおかげで囲碁に興味を持てたし、感動をありがとうと伝えたい



60億、全人類を代表して本当にご苦労様でした



・本当にお疲れ様でした。 本当にすごいです



最後まで最善を尽くす姿を見たら、とても素敵でした!!



・イ・セドルは対局前に同僚に「人工知能などアマチュア」と言っていたらしいが・・


引用元記事:http://goo.gl/65BV5N








follow us in feedly