(ニュース1)イ・セドル9段と人工知能(AI)アルファ碁との「世紀の対決」がイ・セドル9段の敗北で幕を閉じた。 しかし、結果に不満が残り、これらの再対決実現に関心が集まっている。

1

イ・セドル9段は15日、ソウル鍾路区のフォーシーズンズホテルの特別対局会場で開かれたアルファ碁とのグーグルディープマインドチャレンジマッチ5番第5局で280手後に敗北を喫した。 第4局で唯一の勝利を収めたイ・セドル9段は1勝4敗で、今回の韓国シリーズを終えた。 

結果的には大きな差が出たが、内容では物足りなさが残った。 イ・セドル9段は第3局にまで連続敗北を受け、自尊心を傷つけられた。 特に第1局と第3局ではあっけなく試合を奪われた。 

しかし、イ・セドル9段は第4局でバグを握って180数後にアルファ碁の降伏を引き出した。 中央で乱戦を作って突破口を開いたのが神の一枚になった。 アルファ碁は、イ・セドルの戦法に荒唐無稽な手を打ちを、自滅した。 





2

このような結果は誰よりイ・セドル9段が自分自身に最も残念に思わざるを得ない。 大会を終えたイ・セドル9段は「人間がまだ適応できないレベルであり、残念だ。アルファ碁のスタイルは人間と違い、対局環境も馴染みが薄かった。 これに適応するのに時間が必要だった」と明らかにした。

それならイ・セドル9段とアルファ碁の再対決は行われるだろうか。 イ・セドル9段が2月29日JTBC「ニュースルーム」に出演して「私が負けたら再挑戦をしてみたい」と明らかにしている。 

洪錫炫(ホン・ソクヒョン)韓国棋院総裁は昨年13日、第4局が終わった後、個人的にディプーマインド側に3ヵ月後、イ・セドル9段とアルファ故意の再対決を提案したという。 






この記事を読んだ韓国人の反応




グーグル側としては、アルファ碁の最終目的は囲碁のチャンピオンじゃないから、囲碁に留まりたくない



・もう十分、止めろ



・グーグルとしては、これは良い広告効果に成るのでやりたいだろう



・囲碁より、スタークラフトが期待される



人工知能VS人工知能の国際大会を開いた方が興味深い



・グーグル:我々は囲碁が目的ではない



・イ・セドルが本当にすごい理由:アルファ碁はトップクラスのプロたちの囲碁機譜を三万件を保存した。 人に例えれば、1000年学習しなければならない膨大な囲碁機譜を持っている。 Cpu1300個を持っているアルファ碁は、プロ選手1300人がアドバイスをしているのと同じだ。 そんなアルファ碁を相にイ・セドルはアルファ碁にもない「神の一手」をおくことで、アルファ碁に勝利を収めた。 イ・セドルは一見すると人間の限界を越えた千年に一度出るか出ないかの囲碁の神ではないかな1300VS1人の孤独な戦いだった



アルファ碁は誰と対決しても、大変な相手。計算機を使うやつと暗算する奴が対決してみろ、だれが勝つか



・人間は思考するだけでも疲れる



グーグルは囲碁の会社じゃないから、囲碁の試験はもうこれで終わった様だよ

 

・グーグルはこれ以上する必要がない、もう十分なデータを収集した



・イ・セドルがいくら研究してもアルファ碁はもっと研究しそうですね



アルファ碁にはもう誰も勝てない。あの対局後も更にUPグレードされているだろ



・囲碁はグーグルの無限の人工知能の一つであるだけ



・グーグルが、世界に証明したいのは、アルファ碁のアルゴリズムの汎用性である。当分は狭いが、深い専門知識を要する他の分野に適用し、その分野の最高を崩し、争点化し、分野別の部分の商用化に行くので、究極的目標はその分野のアルファ碁の学習能力を利用してデータを累積させ、そのビックデーターを集めて一つの人工知能でコントロールするスーパー人工知能を作る遠大な目標が見える


引用元記事:http://goo.gl/Oh4Zyo








follow us in feedly