スレ主

一昨日、世界最大規模のゲーム開発者カンファレンス「GDC 2016」で ソニーの[プレイステーションVR]の公式発表があった

今回の発表で、PS VRのパッケージ構成品と価格、スペック、そして開発中のタイトル数程度が公開された。

1
 





2


最初に紹介するのは構成品リストだ。 些細な構成品を追加して値段が跳ね上がったオキュラスリフトとは対照的に必須的に求められることだけで構成された。

4

ディスプレー:OLED
画面の大きさ:5.7インチ
解像度:1920*RGB*1080
走査速度:120Hz、90Hz
センサー:360度トラッキング/9 LEDs
視野角:約100度
遅延率:18ms以下
コントローラ:DUALSHOCK4とPS Move

次はスペックだ。 VR機器の製品として悪くないスペックと考えられる。 

視野と解像度はオキュラスリフトのdk2と同一の試作品であるクレセントベイ1の2160×1200よりは低い。 

5

次は最も重要といえもある価格。

399ドル(日本円で44,980円)に確定され、10月発売予定である。

オキュラスのCrescent Bayの599ドルより200ドルも安い。 

もちろん、PS VRはプレイステーション専用という点で汎用性が落ちると考えられもあるが..

現在まで160個のタイトルが開発中にあるため、競争性が高いとみられる。


また、 VR専用タイトルがなくても「シネティックモード」を通じて全てのゲームがVRプレーが可能という。

シネティックモードはオキュラスシネマと同様の機能で、 使用者が大型画面を見ているような感じを体感させてくれという。

もちろん、映画をボーダーや成人ビデオを見ることも可能・・


3行要約

1.ソニーを物語るVRの詳細なスペックが公開。
2.価格は399ドル
3.10月発売予定


動画







この記事を読んだ韓国人の反応




・成人ビデオをこれで見たい・・



・欲しい



・サムスンのVR体験で乗り物酔いをした



・目によくない可能性大



・安いな・・・



10年後の仮想現実のゲームはどうなっているのだろう?



まだ時期尚早、特に解像度と機器性能が・・



・これでメガネの人間が大量生産されるの?



・VRを付けると、まばたきする回数が減って、目が乾燥して埃によって傷がつきやすくなる



・目の疲労にも良くない



・成人ビデオがサポートされるなら欲しい



・これって10cm先のモニターを見る様なものだからな・・



・Oculusよりもソニーの方が値段が安いし、タイトルも期待出来る



・これでラブライブをすると触ったり出来るの?



・サムスンはプレイステーションのようなプラットフォームもないから、VRを作ってもコンテンツで何で提供するのか?



・サムスンギアVRはモバイルであって、ソニーとは関係が無い



・解像度が悪くても、ソニーがVRを売るのは先取り効果を狙ったのかな?



ソニーがまた、くだらないところに投資しているのでは無いかと思う、こんな製品では販売量がとても低くて、破産するのじゃないか...



ソニーが滅びる時は、サムスンが買収して欲しい



・もしこれで成人ビデオを見ると、本当に私の前に実際の女の子が居る様に立体的に見えるという事ですか?



引用元記事:http://goo.gl/UQcXsi








follow us in feedly