囲碁世界ランキング1位の中国の柯潔9段がイ・セドル9段を破ったアルファ碁に公開挑戦状を投げつけました。 敗北した時の棋士の自尊心を守るために勝つ確率は60%ぐらいと語りました。 

1


中国囲碁高段者であり、世界ランキング1位柯潔9段が中国版ツイッターの微博に載せた文章です。

「プロ棋士の尊厳に向けて全力を尽くして一戦を行うだろう」、アルファ碁に公開挑戦状を投げ付けました。

中国のスマートフォンメーカー真理が、自分とアルファ碁の対局を支援することにしたとし、スポンサー契約のポスターも一緒に公開しました。
 





2


柯潔9段は機械は、多くの面で非常に強いが、一部の計算過程に弱点があるとし、勝利を確信しました。

しかし、アルファ碁が進化し続けるだけに、時間が経つほど勝つことはより難しくなると予測しました。

[柯潔9段/世界ランキング1位:もちろん勝つ確率は前よりそれほど高くありません。 私が考えるのは勝率が60%程度です。]

中国政府も人間と人工知能の囲碁の対決に大きな関心を見せました。

[李克強/中国首相(今日の全国人民代表大会閉幕の記者会見):最近、韓国記事とアルファ碁の様人間-機械間の囲碁対局をし、これは多くの第3国国民の注目を受けました。]

ただ、中国政府が言論統制措置の一つとして中国内でグーグルやユーチューブに対するアクセスを遮断しているのが対決の成功の変数になることができます。

このような中、日本棋院理事長の堀義人もツイッターを通じて、グーグルの開発者に、日本の囲碁第一人者である井山裕太とアルファ碁の対決を希望すると明らかにしました。






この記事を読んだ韓国人の反応




日本は、実力もないくせに恥ずかしくないの?



・全てのことは初めてが意味があるのだ。 馬鹿たちよ



中国は優秀なプロ棋士が多いから名乗り挙げるのは分かるが、日本は囲碁ランキング10位圏内に一人しかない癖に対局を名乗りだしたのか



中国と日本はどうしてグーグルがイ・セドルを選択したのか、その理由を考えろ



中国は理解できるけど、何故日本が?



中国人や日本人がアルファ碁と対局するなら、アルファ碁を応援する事に成る



・仮に勝っても、お前達は最初ではない。李世ドル九段ほどのインパクトもない



中国人や日本人は本当に虫の良い奴らだ



イ・セドルは何の情報もなく争って1勝したのに、イ・セドルとアルファ碁の対局を研究したお前らが勝つのは次元が違う



・イ・セドルが大変な思いで築いた道をそのまま無賃乗車か



パターンを分析した後に名乗り出ている



・イ・セドルのお陰で世界的に注目されている中で対局できるから幸運だね



・アルファ碁に始めて勝ったのはイ・セドルだ。月に2番目に行った人が誰なのか分からない様に、最初に勝った人間の功績が残る



・何でも先駆者が一番難しいのだ。 これから真似したからと言っても、もう広告効果は終わった。世の中は2等を覚えていない



・最初は皆アルファ碁に勝てないと言っていたけど、イ・セドルがアルファ碁の弱点を見つけてからは、勝てると大騒ぎに成ったよね



・歴史に残る人物はイ・セドル9段だ



・進化するアルファ碁にもう人間の勝利はない。 イ・セドル1勝が唯一なはずだ


引用元記事:http://goo.gl/BkgzHM








follow us in feedly