読売ジャイアンツは最近、相次いだ賭博問題で、そのイメージが大きく失墜されている。

1

韓国でもプロ野球選手の賭博問題があったが、日本でも今年、シーズンオフに賭博を行った読売の選手から出た。 そして最近、再び読売ジャイアンツの選手による賭博問題が世間を騒がせている。 高木京(26歳)が賭博をしていたことが明らかになって、関与した選手が4人になった。

韓国では選手がオフシーズンの時、国外でカジノに行った選手が居たが、日本の場合は意味が異なる。 野球選手が勝負の賭博を楽しんでいたためだ。
 





2






この記事を読んだ韓国人の反応



日本のどんな点を学ぶというのか?「水野教授」で検索してみたらそれが日本の国民性だ、表と裏が異なる



勝負操作に関連した賭博なら許せない、韓国の場合はストレス解消のギャンブルだった



・プロの選手が勝負関連賭博をしては行けないだろ



八百長と賭博は違う。サムスンの選手がラスベガスで遊んだのと、八百長賭博をするのは訳が違う



・韓国は勝負賭博ではなく、単なるカジノ遊び



・賭博なんてするものでは無い



韓国に来て投げろ・・



これはプロ野球試合の賭博に関連したケースだ。 八百長とも連結されかねず、淘汰水準までは行かなければ成らない



・日本のケースは八百長に関わったと見るのが正しい。だからこそ強い処罰であり、サムスンの賭博事件は個人が球団に内緒でギャンブル遊びをしたのが問題に成った



最近韓日で賭博が流行ってるんだね



・韓国では選手がオフシーズンの時、国外でカジノをいったものだが、日本の場合は意味が異なる。 野球選手が勝負の賭博を楽しんでいたためだ



自分がプレーするスポーツにお金をかけるのと、カジノでお金をかけるのと違うだろ



勝負操作と。単純賭博と比較するな



・これは日本のプロ野球界全体が危機感を感じなければならない事案



引用元記事:http://goo.gl/mwBnSW








follow us in feedly