[東亜日報]韓国、中国、日本囲碁界の1人者である朴廷桓、柯潔、井山裕太9段(一番上から)。イ・セドル9段は「朴9段なら、現水準のではアルファ碁に勝っていると見ている」、「アルファ碁の実力がずっとよくなるので対局は、3ヵ月内にしなければならない」と話した。 

1

アルファ碁に1-4で負けたイ・セドルの世界ランキングは3位だ。 中国のコジェ(柯潔・19)9段が1位、韓国の朴廷桓9段(23)が2位だ。日本棋院は日本チャンピオンである井山裕太(27)9段にもアルファ碁との対決のチャンスを与えてほしいと公開挑戦状を出した。 韓中日1因子としては、囲碁の自尊心を回復したいはずだ。 グーグルが再対決を受諾するなら、誰かが出て戦えば勝算があるだろうか。
 





2

3

世界ランキングに換算すると、当然中国の柯潔9段の可能性が大きい。 1997年に生まれ、11歳で入団し、昨年から夜空の閃光のように、忽然と跳ね上がり、一気に3つの世界タイトル(百靈杯、三星火災杯、モンパイホベ)を獲得した新星だ。 春秋戦国時代が続いていた世界舞台で5年6ヵ月ぶりに出現した3冠王だ。 イ・セドル9段を連破(相手戦績8勝2敗)し、確かな自分の時代を開いた。 囲碁界では珍しく話術も傑出して「イ・セドルの時代は過ぎ去った」「イ・セドルが私に勝つ確率は5%」などと歯切れの良い言葉でひんしゅくを買う場面もあるが、実力とともに、スター性と興行性を兼ね備えた天才記事として注目されている。

朴廷桓9段は28ヵ月間、韓国ランキング1位を走っている。 六歳だった時、父が碁を打っていることを肩越しに見て学んだ。 1年ぶりに全国の囲碁の秀才が集まる囲碁道場に入った。 普通は碁に優れた子供が5年くらいは勉強しなければ入ることができない所だった。 

彼は「幼い時は囲碁を勉強しなくても置くだけで手が増えた」と言うほどの天才型だった。 13歳の時入団した彼は2011年18歳7ヵ月の年で世界大会である富士通杯で史上最年少優勝を占めた。 早くから世界タイトルを獲得した、国内大会も15回制覇し、1位に上がったが、昨年2月LG杯で優勝するまでに4年間、世界大会優勝を目の前で逃し続た。 イ・セドル9段が以前李昌鎬(イ・チャンホ)9段にしたように歴代戦績10勝17敗でイ・セドル9段を完全に超えなかったのも、先決課題だ。

井山裕太9段(2002年入団)は日本の歴代最強の騎士と評価されている。 日本の7代前のうち、6個を獲得した6冠王をなんと3度も達成している。 まるで1970、80年代、韓国碁で全冠王を3度優勝したチョ薫鉉9段のように独歩的だ。 形と理論を重視する日本風に拘束されず、実戦的で自由奔放な碁を打ちながら「ファイター」と呼ばれるほどに力がいい。 韓国と中国の記事が世界トップクラスに認める唯一の日本の記事だ。 イ・セドル9段との歴代戦績は2勝6敗だが、内容は一致していた。 自分と同い年(1989年5月24日)の日本の女性プロ2段と結婚したが、今年初め、離婚した。






この記事を読んだ韓国人の反応



どうして日本棋士の記事の中に、離婚の経歴を使うんですか...?



井山裕太はすでにイ・セドルに負けているし、日本国内で強いだけだ。朴廷桓9段は現在、国内1位だが、まだ国際的にはパワーが弱い。コジェは一度や二度勝てるかも知れないが、より発展するアルファ碁にはもう勝てない

 

日本は対局から抜けろ、最初にアルファ碁と対局したら、日本は5対0で負ける。日本はお金多いから何でも出来るというのが囲碁ではない。 熱心に努力して世界大会の経験と積んで、世界で勝つ方が先決だ



韓国の名声が世界に広まるのが許せないの? 猿の猿真似、グーグルと親しくなりたいの? 弱者をいじめて強者に媚びる種族的根性を持った日本の奴ら



・中国のコジェ以外は皆必要ないだろ



コジェはグーグルと中国の関係のために実現の可能性がなく、日本は韓国や中国よりも一枚下だった。それでイ・セドルが選ばれた



・イ・セドルが最高だよ~



・何でも初の試みが一番の対偶を受けるの



すでに、イ・セドルの1勝で感動はなくなりました



・第一歩が偉大な挑戦なんだよ...!!!!



・後の祭り。関心がない



・私はイ・セドルがもっとすごいと思う1勝は本当に感激だった



・理論上ではアルファ碁は時間が過ぎるほどもっと強まることができる



世界ランキングだけ見れば、コジェしか見込みが無い



・時間が経てば経つほどアルファ碁は強くなるから、早く対局をしたいのかな?



・これからは国別AI対決をしてください



・アルファ碁はコンピューターであるため、同時に3人と対局も可能だろう



・グーグルは人工知能の広報がしたかっただけなのに.......ちょっと急にリレー試合になってしまった



引用元記事:http://goo.gl/fKxdyY








follow us in feedly