(連合ニュース)韓国大手造船メーカーが支配してきた世界造船市場の支配の構図が急速に崩れている。

昨年、これらのメーカーが計8兆ウォンの赤字にあえいでいる間に、日本の造船所が世界3位まで打って出たからだ。 

1

しかも、中国の造船所が全世界10位圏に大勢布陣し、包囲網を狭めてきている、韓国の造船会社の立場は一層弱くなった。

20日、英国の造船・海運分析機関のクラークソンによると、現代重工業グループと大宇造船海洋グループは今月2月末受注残高基準でそれぞれ882万5千CGT(標準貨物換算トン数、204隻)と844万CGT(139隻)で1位と2位の座を守った。
 





2

しかし、3位は三星(サムスン)重工業グループではなく、日本の今治造船グループだった。 今治造船は、受注残量696万4千CGT(244隻)で4位の三星重工業(508万1千CGT、101隻)を圧倒的に上回った。 

日本のジャパンマリーンユナイテッドも世界10位(258万5千CGT、73隻)に名前を挙げた。

現代重工業、大宇造船、三星重工業がビッグ3を形成し、全世界の造船市場を総なめした時代は終わりを告げていることを示すくだりだ。

造船業界の関係者は「昨年、韓国の造船業者が海洋プラントの悪材料などで混乱している間、日本のメーカーが受注をとり、華麗に再起に成功した」と話した。

わずか5~6年前までも国内大手三社は全世界の受注市場の70%を掌握したが、最近は中国が40%、韓国と日本がそれぞれ30%程度の市場を占有している。 わずか10年前までも、全世界の市場占有率が10%も満たなかった日本が造船産業構造調整で体力を補強した後、韓国を追い越す勢いだ。

クラークソンは、今回の評価報告書で、異例的に韓国朝鮮の状況を憂慮し、「韓国の造船メーカーが昨年7兆ウォンが超える赤字を出し、城東(ソンドン)造船も莫大な損失を出すなど、困難に直面した」と言及した。 

問題はここで終わりではない。 日本の後には恐ろしい競争者である中国の造船会社各社が待機しているためだ。

中国政府の全面的な支援の下、安定的な受注を受けており、日本の今治造船のように造船のビック3へのランクインに遠くないという評価だ。 






この記事を読んだ韓国人のコメント




造船業界も終わりだね~~



高級技術はすべて、日本、欧州が持っているよ



好況期の時、愚かにも核心部分の技術はすべて欧州産日本産に依存し、部品の組み立てしかしていなかったのに、国産化で世界1位と自慢してだけで、一瞬でバタンと行ったんだ



・下請け会社を絞りつけ、自分にはボーナス支給する大宇造船をどうする気だ



・大宇造船に血税4兆ウォン投入しておいて構造調整順調という



・私の血税で大宇造船のボーナスを支給するニュース見たら血が逆上するが、自ら自己救済策も努力もしない無い会社に、何故国家の税金を投入するの?



造船所周辺にある高級サロンやカラオケが滅びるね、造船所の奴らは金が無いから



・順位よりも内実が重要な時だ。 金融支援が無いと持ちこたえられないゾンビ企業の大宇造船は、破産させなければならない



今の受注は赤字受注だ。受注量の増加が業績回復に役立っていない



・三星が、今では朝鮮も売る時になった



・大宇造船、溶接士一万人の退職が予想される



韓国造船業は、しっかりしなければ中国のせいで死ぬ。 生産職は韓国の1/5以下の給料なのに、作業能率は韓国と似ていて、中国生産管理者及び設計員は韓国の給料の1/4水準で働く



・残念で悲しいです。 多くの労働者が危険を甘受しながら汗を流して懸命に働いているんだけど...



・このセヌリ党政権下で... 経済落ちて・・・後進国もなるのにちょうど8年がかかった



・強い人が生き残るのではなく、生き残る者が悪い奴



・>日本は過去、世界最大造船大国として君臨したが、高賃金と非効率的な生産体制が深まり、2000年代以降は、斜陽産業とされてきた←これが今の韓国の姿



・経営判断ミスだね・・・プラントに投資して台無しにして経営失敗



クルーズのような最先端の船舶は日本に追いついて居ない、それなのに量産貨物船舶は中国にほとんど追い越された。その為プラントに投資をしたが滅んだ


引用元記事:http://goo.gl/csMlCH








follow us in feedly