「A氏が、退職前に引継ぎをする過程で消した外装ハードを受け取ったが、コンピューター専門会社に任せて復旧したら、ものすごい社内内部機密が出ました。 設計資料、ソフトウェアを含めて技術の図面がすべて含まれている、さらには購買チームの原価資料まで持って行ったんですね。」

1

2014年、会社役員A氏が中国会社に入社し、技術まで横流しした為、受難を経験した自動車変速機検査装備製造会社の李某理事は、22日「原価資料まで含めて会社の底まで皆流された」と打ち明けた。 

到底入札競争で勝つことができないという説明だった。 A氏が転職した中国の会社はすでにこの会社から手に入れた技術力に加え、中国内の入札競争で30~40%低い価格を提示する価格競争力まで備えたという。 
 





2

中国内の入札過程で提出しなければならない技術の図面もこの会社の図面を使い、ロゴだけを変えて使用したものと、会社側は推定している。 

どうやってここまで会社の機密が流されたのだろうか?李理事は「A氏が設計チーム事務室に入って外付けハードにバックアップを受けていたが、ばれたこともある」、「週末も出勤してコピー機とスキャナーを回すA氏を防げなかったのがこんなに大きな禍根になるか知らなかった」ということだ。 健全だったコピー機とスキャナーが二ヵ月で故障したほどだった。 

警察調査でA氏が会社の金で外装ハードのほかにコンピュータ画面やウェブカメラ映像などを簡単に動画で録画できる装備まで購入した事実も明らかになった。 この会社は、事件以後、会社のサーバーを交替して、文書保安室も入られないように統制している。 CCTVも増やして職員のセキュリティ教育をしたが、言葉そのままで「後の祭」だった。 

刑事事件が進行中の状況から中国現地で、民事訴訟などを通じてこの会社が被害の補償を受けるのは容易ではなさそうだ。 この事件を捜査した京畿(キョンギ)警察庁国際犯罪捜査隊イスンヨン補正は「技術流出事件を捜査し、中国現地裁判所で、韓国企業が被害補償を受けることができる訴訟支援が切実ということがわかった」、「最近は、米国企業が中国企業を相手に特許問題などの民事訴訟でも勝利する場合がしばしば出ますが、韓国企業がこうした手続きを通じて被害補償が受けられるようにしなければならない」と話した。







この記事を読んだ韓国人の反応




こんな事をしたA氏の実名を明らかにしてください~~



・盗んだ中国も悪いけど、内部資料を盗まれたこの会社にも問題がある様です



・警察と検察はこの泥棒を検挙できないの?



産業技術を横流しする奴は、永久入国禁止にしてください。そして再び韓国国籍で生きられない様にするべきだ



・この韓国の汚い国民性はどこへ行くんだ?



どうしてこんな売国奴の実名を公開できないんだ?



・韓国の中小企業がすべてそうだが、セキュリティが脆弱だ。 それなのに、ITセキュリティ管理者を雇用しない



退職後、中国の会社に再就職した奴は90%機密流出している



・こうした産業スパイの実名はしっかり公開して、こうした行為が繰り返されない様にするべきだ



・産業スパイの顔と実名を公開する様に、法改正しなくては成らない



・お金の為なら、国も民族も売り渡す醜い韓国人



会社の機密を抜いて中国に渡した産業スパイを捕らえて、報復するのはどうですか?企業どころか、国の産業まで台無しにしている



・実名を明らかにし、技術流出で得た所得の10000倍を補償する様にしなければならない 

 

・産業スパイは懲役50年を課すべきだ



韓国は産業スパイ法が早く制定されなければならない



・こんな売国奴は損害賠償訴訟して、無一文にするべきだ



・このような人はスパイ罪で処罰しなければなりません



日本でも本国で冷遇された退職者が韓国に来て技術を教えて、それで日本は潰れた。韓国でも同じことが起こっている



・Aさんって、どうして逆賊を擁護しているの?


引用元記事:http://goo.gl/qOthnJ








follow us in feedly