(連合ニュース)日本が最近、南極海で333頭のミンク鯨を取ったことが明らかになり、オーストラリアとニュージーランドの海洋環境保護団体が強く反発している。

2

日本政府はこの24日、研究目的で昨年12月初め、南極海に向け出発した捕鯨船4隻が戻ってきたとし、これらは、業務遂行の過程で333頭の鯨を取ったと明らかにした。 

これらの捕鯨船は日本鯨類硏究所所属で、同研究所は民間団体ではあるが、日本政府の支援を受けているとの日刊紙ガーディアンオーストラリア版26日報道した。

日本は2014年3月に研究を口実にした捕鯨を中断しなければならないという国際司法裁判所(ICJ)の判決が出るとしばらく捕鯨を中断していたが、昨年12月1日に再開した。
 





1

115日の日程の間一日3頭の割合で鯨を取ったというニュースが伝わると、海洋環境保存団体「シー・シェパード」のオーストラリアとニュージーランド支部、オーストラリア緑の党などは自分たちの政府が日本の不法な捕鯨を傍観していると強く非難した。

シー・シェパード、ニュージーランド支部の責任者であるマイケル・ローリーは日本が主な貿易相手国という点で主要国が捕鯨を傍観しているとし、日本ではなく他国の漁船がそのような仕事をすれば、見過ごすことはできなかっただろうとニュージーランドヘラルドに話した。

オーストラリア海洋保存会(AMCS)会長も、主要専門家らを相手に調べた結果、日本が今年新たに掲げた科学プログラムは鯨殺しを装ったもので、国際法違反という結論が出たとし、オーストラリア政府の積極的な対応を注文した。

オーストラリア政府は昨年12月、日本の捕鯨再開決定が出ると、「非常に残念だ」、巡察船舶を南極海で送って法的措置をとることを検討すると明らかにしている。

しかし、豪州政府は日本の捕鯨再開後、南極海でどのような内容の監視活動が行なわれたのかを明らかにせよ、という環境団体などの要求には確認を拒否している。

ガーディアンは、日本政府が商業捕鯨再開の有無を把握するため、鯨の個体数を調査していると言うが、すでに日本には学校給食に提供されるほど、クジラの肉があふれていると伝えた。 さらに、一部の専門家たちの主張として、日本は、少数の影響力のある政治家たちのために捕鯨を放棄していないと付け加えた。 

商業的目的の捕鯨は1986年に禁止されたが、研究目的の捕鯨は認められている。






この記事を読んだ韓国人の反応




鯨の問題だけを見ても、日本がどれほど詐欺師集団であるかがわかる



捕殺って・・1頭や2頭なら分かるけど、333頭も殺して何の研究をするの?



これは完全な商業捕鯨だけど、「調査捕鯨」という名目で誤魔化しているだけだ



・人間すらも動物の様に狩っていたのが日本人です



日本人は本当に野蛮な民族だ



・汚くて醜い民族、こいつらが過去に朝鮮の女性を集団強姦していたのが分かる



・とにかく残酷な日本人の本性!



日本は人間の常識を逸脱する種族だ…日本人に殺された鯨が可愛そう



・日本人は過去人間の生体実験したが、今は鯨の生体実験なのか(笑)



・丸太の時もそうだったし、日本人の実験は必ず生命を殺すんだ



・馬鹿なんだよ、それが日本だよ



日本は本当に迷惑ばかりかけている民族



・日本人を研究しなければならないと思います。 1日に3人ずつを取りましょう



・日本、中国、韓国3大悪質国家



・研究とはまったく何?どの種類のクジラがもっとおいしいか研究しているのか?



日本人はどうして研究内容を明らかにしない?



・何の研究に115日間333頭も殺すのか?



・日本は全国民が捕鯨研究員です



・米国の最大の悩み同盟国日本



韓国はイルカを解放したんだけど...



・日本猿はクジラにも迷惑害虫だ



・本当に日本人は地球から消えなければならない人種


引用元記事:http://goo.gl/CYHxr8








follow us in feedly