2年後、2018平昌冬季オリンピックのために作られた平昌スライディングセンターのトラックに欠陥が発見された。訓練に支障が生じたボブスレー・スケルトン代表チーム選手たちが地団駄を踏んでいる。

2

当初3月10日頃、予定された国際オリンピック委員会(IOC)の事前承認大会がキャンセルされた。 トラックのアイスを凍らせる冷却機である冷凍プラントに異常が生じ、1857m長さのトラックに割れた氷が発見されたためだ。 これによって平昌を訪れたマーティン・二クルス(ラトビア)など外国選手は、テスト走行も出来ないまま、荷物をまとめて帰国しなくては成らなかった。
 





3

3月に一ヵ月間の予定されていた走行訓練が10月初めに7ヵ月も見送られた韓国代表チームも損をした。 コース理解度が走行能力と直結される種目の特性上、早い適応が非常に重要なためだ。 27日、平昌アルペンシアスポーツパークスタート練習場で行われた韓国ボブスレー・スケルトン代表チームメディアデーでも再びトラックの欠陥が話題となった。

ボブスレー・スケルトン代表チーム、イヨン(38・総監督)は「過ぎ去ったことを後悔してみても無駄だ」と述べながらも、「走行訓練が見送られた影響がないわけではない。 事実、平昌五輪前まで平昌スライディングセンターで600∼700回は走行してみなければならないが、150∼180回ほど乗れないようになった」と残念がった。 

1

ボブスレー代表チームのウォン・ユンジョン(31・江原道庁)-ソ・ヨンウ(25・京畿道BS競技連盟)がドイツアルテンベルグで12回走行訓練をして銅メダルを獲得したことに照らしてみると、150∼180会議の空白は確かに致命的だ。イヨン 総監督は「韓国選手たちが、ヨーロッパのトラックで多くて20∼30回乗っている。 100回以上乗ることができないというのは確かに影響がある」と明らかにした。






この記事を読んだ韓国人の反応




平昌オリンピックは、よく準備されているという記事をほとんど見たことがない程深刻だ



・平昌五輪が非常に期待されますね! どれほど賄賂と接待が幅を利かせているのか・・



平昌に期待はしていないが



オリンピック委員がこの体たらく



・平昌も仁川も失敗しそうで不安だ



・税金を着服している関係者や五輪という美名の下に税金を無駄にしている奴らは処罰しなくてはならない



トラックの氷にヒビが入るなんて冬季オリンピックの一線を画したね



わざと国際的な恥を晒しているみたいだね・・そんなに日本と比較をされたいのか



・専門家の立場から見ると、今でも平昌は返却するのが最善だ



引用元記事:http://goo.gl/MHpR4w








follow us in feedly