[スポーティーニュース]フィギュアスケート2015~2016シーズンを締めくくる国際氷上競技連盟(ISU)世界選手権大会が30日(以下韓国時間)米ボストンTDガーデンで幕をあげる。 世界ランキング26位の朴小宴は、この大会出場に向けて27日に出国した。

1

朴小宴は、先月、台湾の台北で開かれた4大陸選手権大会で善戦した。 この大会で個人最高点数の178.92点を受け、4位に上がった。 銅メダルを獲得した本郷リカ(20、日本、181.78)に2.86点が足りず、惜しくもメダルを逃した。 しかし、自信を取り戻して、今大会を準備した。

朴小宴は、今大会で2年ぶりに10位圏に進入するのはもちろん、クリーン演技に挑戦する。
 





2

新世代メドベデワ・宮原の3優勝争い、浅田の最後の舞台。

今回の世界選手権大会女子シングル優勝候補はエフゲニア・メドベージェワ(16)エレーナ・ラジオノワ(17、以上ロシア)宮原知子(18、日本)・グレイシーのゴールド(20、米国)などだ。 最も有力な候補はエフゲニア・メドベージェワ。 彼女は昨シーズン、ジュニアグランプリファイナルと世界選手権大会を制覇した後、今季シニア舞台にデビューした。

メドベージェワはスケートアメリカで優勝したが、自国で開かれたロシアロステレコムカップではラジオノワに敗れ、2位タイに満足しなければならなかった。 以後、グランプリファイナルで頂上に上がっており、欧州選手権大会でも金メダルを獲得した。 メドベージェワはフリースケートで3-3のコンビネーションジャンプを二度試みている。 誰よりも高い技術を試みために大きなミスがなければ、シニア世界選手権大会初優勝が有力だ。

世界ランキング1位の宮原知子は、浅田真央の後を継いで日本女子シングルの看板に躍り出た。 昨年、世界選手権大会2位に上がった彼女は今年4大陸選手権大会で個人最高点の214.91点で優勝した。

メドベージェワの仲間であり、競争者であるラジオノワもメダル圏への進入はもちろん、優勝に挑戦する。

浅田真央(26、日本)は世界選手権大会に9回目の出場をする。 浅田はこの大会で3回(2008年2010年2014年)の優勝した。 2014年東京世界選手権大会のトップに立った彼女は1年の間休息を取った。 今季、氷上に復帰したが、成績は良くない。 グランプリファイナルでは最下位の6位に留まっており、日本選手権大会では後輩たちに押され、3位に止まった。

日本のマスコミは今度の大会が浅田の最後の大会になる可能性があると報道した。 実際に浅田は昨年12月に開かれた日本選手権大会を終えた後、日刊スポーツをはじめた媒体に「今回が最後の日本選手権大会と思った」、「引退を考えて試合に出場した」と話した。






この記事を読んだ韓国人の反応



このままではキム・ヨナの世界記録が覆されてしまうね、今は採点が変わって、真の210点もキムヨナが最後の様だ



メドベージェワは222点を獲得した。芸術点まで加算されるフィギュアでは、16歳という彼女の年齢を見れば分かる。それに国籍がロシアや日本だと点数が加算されやすく成る



・キム・ヨナが強かった時は、皆がフィギュアファンに成ったけど、今はキム・ヨナが居ないから



メドベージェワとラジオノワ二人が金銀で銅メダルは米国か日本。ソヨンやダビンは10位内だけで定着しても大成功だ



・16歳で200点台?



大国の無限の物量投下と強力なインフラ… 自国のプライドをかけたフィギュアで....韓国が大国と肩を並べられるだけでもありがたいことだ.....



・5年前でも170点台で銅メダルも可能だったのに、どうして最近はこんに採点方法が変わったんだ?



・韓国勢が10位以内に入れると良いですね



・今回の大会で採点される点数がとても見ものだ



日本の17歳、18歳この程度の子もみんな200点を超えたらしい...韓国は国内トップの選手でもわずか170点台



・中国からの選手がとても可愛いね



・韓国選手の点数ではメダルは無理



・朴小宴がとても綺麗だ。私と結婚して下さい



・韓国選手頑張れ!



・フィギュアと言えば本田マリン


引用元記事:http://goo.gl/1qSBec








follow us in feedly