(連合ニュース)日本のフィギュアの看板スター浅田真央(26・日本)が自分の最後の舞台になるかもしれない2016国際スケート競技連盟(ISU)フィギュアスケート世界選手権大会(米国・ボストン)で通算4回目の優勝に挑戦する。

1

日本のスポーツ新聞日刊スポーツは29日「2014年大会の優勝以来、二シーズンぶりに出場する浅田が公式練習に乗り出した」、「初の公式練習では、トリプルアクセル(空3回前半)を試みない体の状態確認に集中した」と報道した。

浅田は世界選手権大会で通算三回(2008年・2010年・2014年)の優勝と一度準優勝(2007年)、一度の3位(2013年)を占めたスタープレーヤーだ。
 





2

2000年代半ばから「フィギュアの女王」キム・ヨナと熾烈な競争を繰り広げてきた浅田は、日本フィギュア女子シングルの看板として活躍する2014年ソチ五輪で6位に留まった後、長期休息に入った。 

浅田は休んでいる間、アイスショーに出演する一方、友達と旅行をしてラジオDJも務めるなど多様な外部活動を繰り広げた。

引退が予想されていた浅田は昨年5月現役復帰を宣言し、昨シーズンISUグランプリ3次大会に出場して優勝し、華やかに再登場した。

しかし、浅田は昨年12月のグランプリファイナルでジャンプの乱調で6人の出場選手のうち最下位に押し出され、すぐに続いた日本選手権大会でも自分の必殺技のトリプルアクセルを含めた全般的なジャンプ不安が続いて3位に止まった。 

難しく、今年の世界選手権大会出場権を獲得した浅田は先月4大陸選手権大会に不出場し、今大会準備に拍車をかけた。

日本のマスコミは、浅田が今回の大会を最後に現役から引退するだろうと予想している。

全盛期を過ぎた浅田の優勝可能性はそれほど大きくないのが現実だ。 

何より「ロシア・トリオ」のエフゲニア・メドベージェワ(最高点222.54)、アンナ・ポゴリラヤ(最高点214.07)、エレーナ・ラジオノワ(最高点211.32)の勢いが強く、日本の本郷リカ(最高点195.76)と宮原和子(最高点214.91)の上昇が目立つ。

しかし、今年26歳でベテランの仲間に入った浅田は通算四度目の優勝に向けて果敢に挑戦状を突きつけた。

浅田は飛行機に乗ってアメリカに移動する13時間時差ぼけのために、寝ないで映画を見たり、ストレッチングをしながら熾烈な覚悟で今回の大会を準備したというのが日本のマスコミの説明だ。

浅田は最初の練習を終えた後、日本のマスコミとインタビューで「万全の準備をしてここへ来た」、「シーズン初試合から練習を続けてきたからに準備はなっていると考えると」強調した。

今年の世界選手権大会女子シングルは、韓国時間で4月1日午前1時10分からショートプログラムを皮切りに幕をあげる。 フリースケートは4月3日午前8時からに行われる。






この記事を読んだ韓国人の反応



本当に最近は点数のバブルとてもひどい。 現在のトップ選手が210点台を獲得していうが、もし5-6年前だったら190点台も出られないくらいレベルだよ



・安部(浅田真央)はスケートを止めて跪いて謝罪しろ~



・浅田真央はどんなに頑張ってもキム・ヨナより衰えるも



・最近の浅田真央は精神力が弱くなっていると思う

 

・浅田真央はまだ現役なのか、早く引退すれば良いのに



・浅田真央は止めた方が良いのではないだろうか、可愛そうだ



日本フィギュアの英雄、浅田真央ちゃんファイト!!



・浅田真央は引退する準備をしている様だね、安部もポストから退けば良いのに

 

・浅田選手、有終の美を飾る良い試合お願いします



・クイーンと呼ばれる浅田真央でも、今らか平昌で金メダルは無理だろうな

 

日本スケート連盟とファンたちのものすごい期待と圧力の重さに長い間耐えて、優勝を3回経験し、長い間選手生活をよくやったのは褒めてあげたい

 

・特別な怪我をせずに選手生活を送ったのも偉いね



・彼女の情熱は認めるが、彼女が衰えた演技を見ていると、みすぼらしくなって可愛そうに見えるんだ



・浅田真央さんは、ボストンで良い演技を見せてください



引用元記事:http://goo.gl/x5aaBP








follow us in feedly