[ヘラルド経済]女子中学生拉致ㆍ監禁事件で日本列島が衝撃に陥っている中、日本のマスコミは、「どうして学生はこれまで逃げなかったのか」、「どうして周辺に助けを要請しなかったのか」と報道して非難を浴びている。 犯人の犯罪責任を究明するよりは、被害者の過ちを叱責する形となっている。 

1

寺内の身柄が確保された28日、産経新聞は「女子中学生は物理的に逃げられないほど厳しく監禁されたのか」というタイトルの記事を掲載した。 記事は「女子中学生はどうして2年間、逃れられなかったのか」という内容で、加害者の監禁方法、家の壁の厚さ、部屋の配置を具体的に説明した。 
 





2

さらに、「若干の音が聞こえても周辺で悟ることが出来た可能性がある」と説明した。 犯人が緻密に逃亡を防げたはずという分析もあったが、被害者が逃げられなかった理由を説明することに集中した。 

同じ系列会社のフジテレビは29日、捜査状況を取材し、被害者が改めて「逃げた理由」を聞いた。 東京スポーツは30日、記事を通じて「なぜ逃げなかったのか!?」と」逃亡の機会が皆無だったことは無かったけれど、女子学生は脱出を試みなかったものとみられる」と被害者を叱責した。

 警察との取材を通じて、被害者が感じた不安とリスクを説明したが、メディアは「二人の関係は依然として不透明な部分が多い」と締めくくった。 オンラインメディアJ-Castも30日、被害者が監禁された部屋で大声で叫んだなら、早期に救出されたと報道した。 メディアは寺内の家を数回訪問した電力会社の職員が「被害者が大声を出したら、隣の部屋や外部から聞こえただろう」と話したと伝えた。 

犯罪行為の誤りは加害者がしたが、責任はそのまま被害者に回る格好だ。 武蔵大学の千田有紀社会学科教授は、日本のメディアが被害者にまた他の「暴力」を行使していると指摘した。 

拉致被害者に「これまでなぜ逃げなかった」という質問は、殺害被害者に「殺害される前、なぜ逃げなかった」と質問しているのと同じだ。 被害を全く予想していない状況で、すべての人が落ち着いて対処できるわけではない。

NHK放送は寺内が、自分の部屋に被害生徒を閉じ込めて「君は捨てられた」、「誰も君を探していない」と洗脳させた情況が確認されたと伝えた。 寺内は被害者を拉致してから9日後に被害者の家に「チャットで会った男と一緒にいるので、探さないで」とメッセージを送るなど、用意周到さを見せた。 






この記事を読んだ韓国人の反応




変態列島。こんな犯罪を思いつく奴や、「何故逃げない」って想像する日本のマスコミや猿たちは、国民性が疑わしい。

加害者の味方なのか? だから、慰安婦を作って蛮行を尽くして、歴史を捏造して、戦犯国家のくせにまた戦争ができる国に変わろうとしている



でも率直に不思議に感じるのは、拉致犯が学校に行っていた時間の間、インターネットの使用を制限されて居なくて、

自分の親が自分を探していたのを知っていたのに全然連絡をしなかったのはミステリー。 幼い年齢を考慮しても全く話にならない行動だ



これが日本の日常、完全なる飼育という映画を見なさい



日本には試し腹(父が娘を強姦する行為)という単語が存在する国なんだ。だからこんな犯罪が日常になるでしょう。

それで八重歯と奇形の顔が発達して整形が発達し、その整形の数値を減らす為に、治療と整形を区分して整形手術の数値を下げる国 ....



・近所の目撃者の証言によると、一人でスーパーを訪れたことがあったにも関わらず逃げ出さなかったそうです。 どうしてその時ない逃げなかったのですか?と・・



この少女は外出も良くしていた様ですが?



・ただ犯人が好きだったのかな?



引用元記事:http://goo.gl/EvMglZ








follow us in feedly