1970年代を風靡した米国の伝説的なボクサーのモハメド・アリが今日、死亡しました。

「蝶のように飛び、ハチのように射るという」言葉で有名な伝説のボクサーのモハメド・アリが今日享年74歳で死亡しました。

1

パーキンソン病の合併症によって呼吸器に問題が生じ、アリゾナ州フェニックスのある病院で治療を受けていました。

生命補助装置に依存し、病床で家族たちが守っている中、息を引き取ったと側近が伝えました。


2

引退発表3年後の1984年にパーキンソン病の診断を受け、30年余りにわたり闘病生活を続けてきました。

2014年12月には肺炎で、また、昨年1月には尿路感染で入院するなど、数回入院治療を受けました。

ボクシング選手だけでなく、社会運動家としても有名だったが最近の社会活動を止め、自宅で静かに過ごしていました。

1942年ケンタッキー州ルイビルで生まれ、12歳の時、アマチュアボクサー生活を始め、1960年ローマ五輪で、ライトヘビー級の金メダルを獲得しました。

さらに、プロに転向し、3回にわたってヘビー級チャンピオンのタイトルを獲得して通算19回防衛に成功し、1960~1970年代を風靡しました。

本名がカシアス・マーセラス・クレイ・ジュニアだが、1964年マルコムエックスのイスラム運動の影響を受けて名前をモハメド・アリと改名しました。

1996年、パーキンソン病闘病中にも米アトランタ五輪開幕式の聖火最終点火者に登場し、全世界の人々を感動させました。

7男2女をもうけ、1986年に再婚した4番目の妻とフェニックスの近くに居住していました。




この記事を読んだ韓国人の反応


本物の伝説でした。慎んで故人の冥福を祈ります



世界が熱狂したボクサー様..故人の冥福を祈ります



・永遠に記憶の中に残っています。 故人のご冥福をお祈りいたします



・とても残念ですね



・また、一人の英雄が・・



こんなのを見ると、歳月の速さを感じる



・大変な病気を、長く持ちこたえましたえ



・まだ74歳だったのか



・彼が徴兵拒否者だった理由は、人種差別に幻滅を感じて……ベトコンは黒人を差別しなかった。彼は黒人を差別するものと戦う



・彼は私が知っている最も偉大なボクサー



・ボクシングファンとしてはとても残念です



・とてもたくさん殴られたので、パーキンソン病にかかったのか..



・冥福を祈ります。偉大なボクサー永遠に忘れません



・また一つボクシングの伝説が消えた



・長い闘病生活ご苦労さまでした



・この人誰?



・伝説的なボクサーがこの世を去ったね



・もう本当に"伝説"になりましたね



・彼は30年間も闘病生活をしていたのか・・


引用元記事:http://goo.gl/T9HDht