皆さんは、あなたの子供に学校で毎日清掃して貰いたいですか?

日本の子供達は、自分の学校で掃除をすることを事実楽しみます。これは「お掃除」と呼ばれ、毎日の決まりに成って居ます。彼らは昼食のテーブルを設定し、自分自身で食後にクリーンアップ。彼らは、拭き掃除や床を磨く必要があります。

この学校の教師の一人は、「掃除は自分自身に自信を構築することができます、私たちはこのように練習します。」お掃除は、より多くの子供の成長を助けます。クリーンアップすることは生活のために子供を鍛錬し、子供たちは徐々に綺麗に公共物残すために何かを学ぶのです。

1
1




2
2
3
3
4
4

動画





関連投稿:ロシア人「日本の学校給食制度が凄すぎる‥児童が準備、運搬、配膳、掃除等の労働を全て行う」 






この記事を読んだロシア人のコメント




・私が通っていた学校では、5年生~11年生(高校2年生)まで掃除をさせられます。私の娘はダイニングの当番をしていました



・半年ごとにクラスが学校(更衣室、ダイニングルーム)で掃除当番をしていた、クラスの当番でした。ノズル、汚れ、ガムの汚れや、黒板、窓、床、壁まで綺麗にしましたよ



・ロシアの学校では校庭や近くの公園で花を植えたりするガーデニングまでやらされますが・・



・廊下が黒い靴底で黒く成る汚れとかも、生徒が消す作業をさせられました



・ロシアでも全員ではないですが、誰かが掃除当番を毎日請け負っています。この投稿をした人は何歳ですか?



・学校にもよるが、一日4名が掃除当番で、講堂や廊下、壁、棚を掃除します



・ロシアはダイニングルームは子供達が掃除をすることがあるが、食事の準備まではしません



・日本はうまく人件費の節約をしているね



・日本は全員が食事から掃除まで毎日させられるの?



・ロシアでは、学校側は親から児童労働の使用に、書面による同意を取る必要があります。少なくとも低学年では



・ロシアは学校にも寄るが、クラスの生徒の数が日本と比べてとても少ない