これはドイツにあるモスクの所在地図画像です。地理に詳しい人なら、モスクが旧西ドイツと東ドイツの国境を描いている様に見えると思います。実際旧西ドイツにモスクが集中し、西ドイツ全域にモスクが分散しています。これによって西ドイツ全域にムスリム移民が居住している事が分かります。

関連投稿:ロシア人「モスクワがアジア系移民に占領されているんだけど‥」 

1
1
2
2
3
3
4
4
5
5



この記事を読んだ海外の反応


・アッラフ・アクバル



・もう追い返せない



・イスラム教徒の奴らが寄付を募ってモスクを建てるから増える一方



・モスク周辺では毎朝コーランが流れているのか?



・バチカンはハエ叩きをしない!



・移民を受け入れる寛容性が、この現状を作った



・イスラム教国に行くと、モスクが数百メートル事にあるが、ドイツもそうなるのか



・西ドイツがモスクで埋められているね



・他のヨーロッパ諸国も同様だろ



・ヨーロッパがイスラム教国になる寸前だ。これは誰も止められない



・イスラム教徒の住民が寄付を出し合って小さなモスクを建てたりしているから、規模の小さなモスクが増えているのだろう



・フランスやベルギーにはアラブ人しか歩いていない地域がある



関連投稿:ロシア人「フランス崩壊へ‥黒人移民に占領され崩壊するパリ市内の現状をご覧ください」