[東亜日報]慰安婦合意から1年…「国連人権委の証言」キム・ボクドンさんのへインタビュー

「政府や国は説明もなく合意…名誉回復・法的賠償放棄できない」「日本が戦争の時に、軍人たちの士気鼓舞として、我々を工場で働かせると騙して行かせただろ!…」

1

日本軍慰安婦被害者キム・ボクドンさん(90・写真)が、しばらく言葉を止めて深いため息をついた。 日本軍に連行された十四歳の時の、おぼろげな記憶の片鱗が浮上したのだろうか。

韓日慰安婦合意1周年を二日後に控えた26日、ソウル麻浦区の韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が運営する被害者の憩いの場「平和の家」でキムさんと会った。

2

日本と韓国政府に対して厳しい批判をぶつけてきたキムさんは「政府が我々に何も言わずに(慰安婦の合意を)妥結した。 このままなら我々が慰安婦に成りたくて行ったと結論付けられてしまう」、「日本が公式に謝罪し、韓国の名誉を回復させ、法的賠償をしない限り絶対日本と交渉できない」と話した。

キムさんと他の慰安婦被害者10人は、慰安婦の合意に反対し、「和解・治癒財団」を通じた現金の受領を拒否している。

3

話題を少女像の話に向けた。赤ちゃんを扱うように小さな少女像の模型を撫でていた彼女は「海外にいる少女像を見て妙に妹を海外に一人置いてくるようだ」と話した。

キムさんは1993年国連人権委員会で慰安婦被害事実を初めて証言した人物。以後23年間を慰安婦問題を国際社会に広く知らせて公式謝罪と法的賠償を受けるため、世界各地を回りながら活動してきた。

彼女は「数年前までも、外国に出てもつらいと思わなかったが、今は年齢の為すぐに疲れてしまう」と残念がった。 現在、慰安婦被害者の生存者は40人。このうちキムさんは、健康な方だ。 しかし、あまりにも高齢で最近、左目の視力が急激に悪化し、前が良く見えない。

4

にもかかわらず、キムさんは「引き続き戦う」と語った。 彼女は「謝罪を受けられず、数多くのおばあさんたちが恨みを抱いてこの世を去りましたが、生き残った人たちが行き着くところまで戦わなければならない」、まだ視力が残っている右の眼で遠い所を眺めた。 政府の外交成果である慰安婦の合意が、キムさんには生と死がかかっている問題であり、その戦いは簡単には終わらないようだった。 

 28日、ソウル鍾路区旧在韓日本大使館の前では今年最後の定期水曜集会が開かれた。 同日のデモは今年、死亡した慰安婦被害者7人の追慕祭の形式で行われており、キムさんは再びマイクを握った。



この記事を読んだ韓国人の反応


14歳の少女を連行するなんて、日本人は人間でもない



胸の痛む韓国の歴史を歪曲してはいけません。 必ず謝罪を受けて、正しい歴史に正すことを一緒に戦います



日本の蛮行にはうんざりします。明成皇后も日本のごろつきが宮殿に侵入して、刃物で刺し、帰る時に強姦して石油を振りかけて燃やしたので、遺体すら残りませんでした



日本人はお婆さんの前でずっと土下座をしろ



本当にひどいですね・・慰安婦被害者を差し置いて交渉するなんて...お金では治癒できない傷です(涙)。これまでどれほど気持ちで苦労しましたか....



・応援します。私の子孫も日本の植民地とは永遠に闘います…



・お婆さんの苦痛は絶対忘れないよ!!!!!



・お祖母さん頑張って、健康に長生きしてください



あ、涙が出る・・・・



・何も出来なくておばあさんごめんなさい(涙)



日本は慰安婦被害のお婆さんが皆死ぬまで持ちこたえるつもりです



・日本政府がお婆さんたちに謝罪するのが先だ



・頑張って、長生きしてください



・私も最後まで戦います



・日本は罰を受けるでしょう、日本は地震や津波で被害を受けるのです



・こんな苦痛を癒してあげられなくて、悔しいです



・おばあさん頑張ってください子孫が頑張って強国を作ります



・慰安婦のお婆さんはとても長生きですね



・日本政府は韓国の慰安婦に対して、早く謝罪をすれば良いと思います


引用元記事:https://goo.gl/iZ1qzT