日本が戦時の性奴隷、すなわち、慰安婦制度を作ったのは1931年の満州事変以降だった。 日本がこのような類を見ない残酷な犯罪を企画した理由は明確に解明されなかった。

1

ただ、残っているごく少数の文献に照らしてみると、兵士たちの士気高揚や戦力を低下させる性病を予防しようとしたと推測されている。

日本はその後、1937年勃発した日中戦争と1941年太平洋戦争を経て慰安婦制度をさらに拡大し、体系化させていった。

日本は近代化後も、公娼制の下での人身売買を黙認・幇助していたために、公娼制と人身売買の基本メカニズムに基づいて慰安婦制度を創案した。1932年上海派遣軍参謀副長の岡村寧次は「以前の戦争時代に慰安婦などはなかった。斯く言う私は恥ずかしながら慰安婦の創設者である。

(当時の慰安所マップ)
2

昭和7年(1932年)上海事変の時2、3件の強姦罪が発生したため、「派遣軍参謀部長だった私は同じ地域の海軍を模して、長崎県知事に要請し、慰安婦団を連れてきた」と記録している。 実際の生存者たちの証言を見ても1932年が従軍慰安婦動員の開始だったことが確認される。

慰安婦の数字は1937年以降に大きく増える。 チョン・ジンソン教授が1993年基準、保健福祉省に通報された175人を対象に分析した論文でも、1932-36年まで5年間、連行された数は、全体の9%(16人)に過ぎないのに比べて、以後5年間(1937-41)は全体の51%(90人)に急増する。

戦争拡大の前には、その年齢においても上下制限幅が14-19歳で一定し、その中でも16歳と17歳に集中されている。 つまり、日本は体系的に未成年女性を展示、性奴隷の対象としていたのだ。 しかし、1937年日中戦争勃発以降は慰安婦に対する日本軍の要求が大きく増えることによって、上記の175人を基準に分析した時、その年齢が11歳から27歳までに広く広がっている。(チョン・ジンソン、'日本軍慰安所制度の成立'。日本軍'慰安婦'問題の責任を問う)

日本が戦時性的奴隷として「使用」した慰安婦の数字はどのぐらいだろう?

日本は敗戦と共に展示関連資料をすべて焼却した。後に予想される戦後処理過程で自分たちの犯罪を隠蔽しようとする目的のためだ。慰安婦制度の実施当時にも「軍の威信維持」に向けて「用意周到さ」と「緊密さ」を強調(1938年3月、日本陸軍省の通告)した日本は、慰安婦関連資料も焼却しただけでなく、慰安婦に動員した女性たちまで集団虐殺する残酷性を見せた。

戦後焼却処理されず残っている資料も、日本政府は自国の議会ですらを公開しない状況だ。 それで日本軍が動員していた慰安婦の数字はあくまでも推定値であるしかない。

日本国内の慰安婦問題の最も権威のある研究者である吉見義明教授は、日本が動員していた慰安婦の数を、最小8万で最大20万人と見ている。 中国の蘇智良・(蘇智良)慰安婦問題研究センター所長(上海師範大学教授)は、中国人被害者だけが20万で、朝鮮人まで合わせた全体の慰安婦の数は36万~41万人とみている。

このように大きな差があることはあるが、2次大戦に参加した関連者の口述、そして「クマラスワミ報告」書などUNで定説と認められる見解は20万だ。

日本軍が設置した慰安所の場合、現在まで把握されたものだけ世界的に500ヵ所あまりに達する。日本の公式文書上からも、日本以外の地域に設置された慰安所は1942年基準総400ヵ所だ。太平洋戦争末期の1944年からは沖縄に120ヵ所余りの慰安所が設置されたことがわかった。

自発的に「従軍慰安婦」に志願して、将校たちだけを相手にしてきた少数の日本人慰安婦を除けば、朝鮮人を含めた外国人女性たちは強制的に連れていかれ、抑留されて集団強姦と暴行、殺害の脅威に苦しめられたという点で共通点がある。 それにも被害者たちの抑留期間や強姦の回数、ナイフで突くなどの恒常的な暴行があったのかなど、具体的な状況では偏差がありそうだ。

ユン・チョンオク教授が生存被害者たち(保健社会部の申告被害者56人+挺対協申告38人+日本東京の通報電話証言32人)と当時の日本軍の証言を総合してみた結果、抑留期間は2~4年が最も多く、5年~8年度かなりの比重を占める。 1932年上海事変当時から13年間抑留された被害者もいる。

慰安婦被害者1人を強姦した日本軍の数字は1日20~30人程度が多く、少ない場合は3~4人、多い場合は70人から100人余りに達したという証言もある。

少しでも「外出」が許容された慰安所がある反面、庭にも出れない場合もあった。 食生活も塩水に油粕を混ぜたご飯で延命した場合もあるが、慰安所により食生活では大きな不便がなかった事例もある。

尹教授の研究には含まれていないが、中国戦線の慰安所では、日本軍が言う事を聞かないと言い、太もも、脇腹などを刀で刺したり、刃物で性器を切開したり、殺すことも多かった。 慰安婦少女たちを殺害した後、釜に入れて煮たという証言も存在する。

日本は敗戦後、慰安婦たちを集団殺傷をするかと思えば、慰安婦たちを海外各地に置いて自分たちだけ逃げてしまった場合もある。

「日本軍は'慰安婦'に関する文書を燃やして朝鮮人'慰安婦'を様々な方法で殺した」と話した。林は踏査中に、塹壕に入っている朝鮮人'慰安婦'を指揮官が爆弾を投げて殺害し、重病にかかっている朝鮮人'慰安婦'には、毒薬注射を打ったという証言を聞いており、倉橋も「性的奴隷型'慰安婦'だった朝鮮の女性が無残に日本軍の手にかかって、組織的に殺された」と書いている。

昨年、ソウル大学人権センターの研究チームは、米国国立文書記録管理庁を現地調査して、日本軍が慰安婦女性30人を銃殺した中国の雲南遠征軍の作戦日誌(1944年9月15日付)を公開した。 日本軍は、雲南省陥落直前の13日夜、脱出に先立って慰安婦たちを銃殺した。(2016年11月6日京郷新聞報道「日本軍、朝鮮の女性30人銃殺」慰安婦虐殺記録原本より)

慰安婦被害者に対する給付があったかどうかは、日本が国際社会で'強制性'を否認するために論争の種にしていることも、これといった意味はなさそうだ。 日本人女性を除いた被支配国慰安婦らは、共通的に'性奴隷型'であり(倉橋正直)。'従軍慰安婦問題の歴史的研究')、敗戦後、国家による集団破壊命令があったからだ。 それにも被害者たちに'伝票'などを支給したかについては部分的に該当する場合があるが、全くない場合が多い。

日本が戦場に連行して行った数十万人の女性が'性奴隷'だったという事実は彼らを対象にした'健康検診'の方式でも明確になる。 つまり軍医官らが実施した"定期検診は、性病感染を防ぐためのもので、軍人たちが女性たちに加えるタバコの火傷や怪我、あざ、銃刀による刺傷、折れた骨などについてはあまり気を使っていなかった」(1996年国連人権委員会の特別報告官クマラスワミ報告書)



この記事を読んだ韓国人の反応


・このような明白な歴史的記録と証言があるにもかかわらず、日本政府は依然として厚かましくも強制動員の容疑を否認しているということだ。甚だしくはお金出したからすべての責任を尽くしたという態度は本当に図々しくて憤慨に堪えない



・神がいるのなら日本に天罰が下されるだろう



全世界の中高校教科書は、日本軍の性奴隷犯罪を記述しなければならない



・人類が全力で日本人を弾劾する日が来る



慰安婦被害者1人を強姦した日本軍の数字は、多くの場合は70人から100人余りに達したという証言もある



・私は朴槿恵一味が、あんな犯罪行為を、日本と同調して覆い隠そうとしたなんて恥ずかしいだけだ



幼い少女たちを拉致して、集団強姦して残酷に殺害まで... 自分の先祖が猟奇悪魔的だったので、日本人は先祖の犯罪を隠したいのだろう



・人類史上日本人だけが可能な犯罪行為だ



・同じ女性として、こういう記事を読むと苦痛を感じます



・はあ...胸が痛い...世の中で一番残酷なのは悪魔ではなく人間だな...



日本人は、慰安婦を人ではなく単なるちょうど消耗品と思ったんだろ.. 本当に....だから病気になったらすぐ殺してしまって、死んだならば捨てて



・慰安婦を素材にした映画で、女性を庭に集まるようにして、病気にかかった女性を間引きしてすぐに撃って殺してしまうという場面がありますが、本当に衝撃を受けて今も思い出します



悪魔の仕業だ歴史の審判がいつか必ず行われなければならない



・悪辣な倭寇と野合した親日派は永遠に滅びてね!



この人で無しの日本人は、11歳の幼い少女から奴隷にしたと? 多い日は、1日100人も一人の少女を強姦したって?日本人は、子々孫々天罰を受け、これを黙認した全ての奴らも苦痛を受けなければならない



今の変態天国日本の性文化を見れば、日本人がこんな事をしていたのは尚更だろう



・とても腹が立つ。反省のない日本



・心が痛いです...



・想像だけでも不快なのに、当時のその幼い少女達は、どうやって耐える事が出来たのでしょう



・日本は世界に公開謝罪して、被害者にも謝罪しろ!



14歳~19歳の子供達を性奴隷にした残忍な日本のやつら


引用元記事:https://goo.gl/ezW65C