4000人のイラン女性が砂漠で厳しい生き残り方を学校で学んでいます。彼女らは武道を学び、生存の科学を習得し、滑らかに壁面を登り、飛び降りることを学びます。また、音を出さずに敵に近づきナイフで喉を切断します。彼女らの目標は、超兵士になることです。そして彼女達はその目的に達しています。

1

彼女達は、本当の戦士です。 忍者になるために努力して、戦争の術を学ぶ為にすべての時間を割いています。彼女らは完璧に武器を扱い、目まぐるしい忍術も使います。一般に、彼女らは理想的な兵士になるために全てを行います。 1989年、テヘランから70キロ離れたジャギン城で、忍術を教える女の子向けの軍事クラブが開かれました。ここでは4000人の女性がクノイチ忍者の女性になることを学んでいます。
2
2
3
3
4
4
5
5
6
6
7
7
8
8
9
9
10
10
11
11
12
12
13
13
14
14
15
15
16
16
17
17



この記事を読んだロシア人の反応


・ハリウッドスターか?



・21世紀に忍術を教えるなんて遅すぎる。今は技術や科学、他の専門を学ぶべきだ。今時の戦争で刀を持って戦うなんてあり得ない、これはイラン人支配者の趣味でしかないだろ



・実戦で役に立たなくても、この技能があれば大きな劇場では主役になれそう



・テロリストとしては十分活躍できる



・こういう武道は自己鍛錬の為に学ぶ物なのだから、深刻に考える必要はない



・忍者よりはスナイパーのが役に立つのでは無いか?



・これは精神力を鍛える物



・この女性忍者は美しいし、とても感動的だけど、ロボットやAIが人間の代わりに活躍する時代に、忍術を軍事に取り入れるのは現実的では無いね、刀は銃に負ける



・現在の戦闘では、兵士が何処かに隠れるのは不可能、何処に隠れようと探知される



・200年前の武術と考えればこれは凄い



・スポーツは女性を美しくするので、こういうトレーニングは彼女本人には役に立つ



・忍術で凄いのは、誰にも見られずに立小便が出来るのが良い



・どうして彼女達は顔を隠さないのだろう?



・これは趣味の一つだろう、実戦で彼女達が投入される事は無い



・サダムフセインの軍隊も、どんなに隠れてもアメリカから空爆を受けて滅ぼされた



・サダムフセインの様な独裁者のボディーガードとして採用するには適しているだろう、皆似た様なユニフォームで、誰が誰だか分からない


引用元記事:https://goo.gl/1GfgRf