◀アンカー▶


求職者天国と呼ばれる日本の雇用事情がどんなに良いのか知ることができる統計が、今日出ました。

求職者が100人なら雇用は149個。雇用が余っています。

日本企業の就職説明会

43年ぶりに最も高い数値と言うが、人手が不足しているので、もう韓国まで来て探しています。

就職難の中に日本企業が開いたジョブフェアは、わが青年たちで混雑していました。

◀レポート▶

黒スーツに白いシャツを端正に着飾った求職者。入口で名札を付けて入場する姿も異色です。

国内ではなく、日本企業のジョブフェア。航空と金融会社など、有数の企業50ヵ所が直接韓国を訪れました。

韓国で開かれたジョブフェア

雰囲気は違うが、求職者たちの緊張感は、通常の採用の現場そのままです。

今日の博覧会への参加、競争率だけでも5.3対1で、主に日本語に堪能した求職者450人だけが書類選考を経て、機会を得ました。

[チョヒジェ/21歳]
「日本は自分の性格や個性を生かして私がどんな人物か、アピールできる方向で(履歴書を)使うようです。」

日本が景気低迷を脱する上、高齢化に青年人口が減り、大卒者就業率が98%に迫る一方、国内は60%台に止まるほど差が大きいため、日本就職を希望する求職者は引き続き増える傾向です。

実際、政府支援プログラムを通じて日本に就職した青年は昨年だけでも1千百人余りで2年の間三倍以上増加しました。

距離が近い上、文化的にも比較的に近く、米国や欧州に比べて就業ビザの取得が簡単なことも理由とされます。

[金学俊(キム・ハクジュン)/韓国貿易協会常務]
「(日本が)ITを中心に続けて人材の需要があります。 今後5年間は日本就職がもっと活性化すると思います。」

日本就職に成功しても、韓国と異なる企業文化と現地生活の寂しさのせいに、適応に失敗する可能性もあるというのが専門家らの助言。

しかし、求職戦争が繰り広げられる韓国の代わりに求人難に苦しむ日本に向かう青年たちは当分の間は減らない見通しです。



この記事を読んだ韓国人の反応


高級人材は全部日本に売れそうだな



日本人は、普通満22歳~23歳に大学卒業と同時に就職して日本企業の年功序列の特性上、入社7~8年目に急激な賃金上昇を経験する。

つまり満30歳程度で職場人の黄金期を迎えて、男女ともに経済的に安定した若さを楽しみながら60歳の定年まで誠実に生活するが、韓国人は満30歳で家にいる




13年前は、第2外国語選択する時、日本はあまり見込みがなくて中国語に学生が多く集まりましたが、本当に世の中の変化は分からないな



・韓国は雇用なくて大騒ぎなのに、日本は雇用があり余って問題なんて



人材が日本に奪われ、もう韓国で働く人を探すのも大変だろうね



・国籍差別がちょっとあるけど、韓国組織文化よりは少ないだろうね~



・日本は、高齢化による大都市周辺の衛星都市マートだけでも、若い人はレジ係。 老人はカート収集、働くことができる可用労力は全部働く傾向にある



・結局、雇用は企業が作る。 税金で公務員を増やすということは、最も悪い政策だ



文禄・慶長の役が終わって、日本から捕虜を一部釈放された時、彼らび一部は朝鮮に戻ることを拒否した。

何故か知っているのか? 朝鮮社会は力無き民たちを無尽蔵収奪して税金で無い米も奪って行く両班だけがお腹を満たして居たが、

日本に行ってみると、技術者と農民の待遇をしてくれるのが良くて、朝鮮に戻ればもっと大変だろうと判断した彼らは、日本に残って良い待遇を受けながら、生きている。 大韓民国の社会が朝鮮と変わらないので、同じようなことが繰り返される




私が幼い頃は、日本が滅び、中国が伸びると、中国語の勉強をした物だけど、今は日本語の方がもっと役に立つね



・中国語を習ってに使い道がない。 日本語の方が有益ですね



・日本もアパート代がとても高いが



・日本の中小と、韓国の中小とは次元が違う・・



・こうして韓国の若者が日本に向かえば、韓国企業が人の大切さを知って、人畜扱いをしなくなるだろう



・どうか日本が我が国の人材をたくさん奪ってほしいです。韓国の中小企業は人間じゃありません、日本が求職者連れて行けば行くほど企業者が人間を大切と思ってくれるだろう



・第2外国語で日本語を選択するのが一番良い



・日本の学生は英語が下手くそで、韓国の学生は英語も上手くて誠実なので、日本企業が韓国の人材を好むと言っていた


引用元記事:https://goo.gl/YE8ehx