(動画の概要)

私は日本料理を心から愛していて、以前から本格的な寿司をどの様に作るのか学びたいと熱望していました。本日私に寿司の作り方を教えてくれるのは、ヤン・ウエン・クインさんと、その監督を務めるカラさんです。本日学ぶのはアボカドを使ったドラゴンロールと、ホタテの握り、スパイーシーツナ巻きです。

寿司の握りを学ぶには、その基本である「米のとぎ方」から学ばなくてはなりません。日本の寿司職人は、厨房に立つ前に「米とぎ」だけで3年~6年も修行をします。ですが、シャリとは寿司の核心であるため、一番重要な部分とも言えます。

では、私の最初のチャレンジである、アボカドと、ウナギ、海苔を使ったドラゴンロールの作り方から挑戦します。しかし、このドラゴンロール2分以内で作らなければならず、アボカドを美しく正確に切るのが難しく、そして握りでも米が手に付いて、手こずりました。結局私は13分でなんとかドラゴンロールを作る事が出来ました。

1
1
2
2
3
3
4
4

動画





この記事を読んだ外国人の反応


・ラムゼイはTVショーで何時も「生だ~」って怒って居たのに、今回は生の料理に挑戦か



・この寿司はカリフォルニアで考案された現代風の寿司ですね、私はこのスタイルの寿司が好きです



・バターで炒めた魚と、アボカドを一緒に食べると美味しくて幸せです



・彼はもう世界的なシェフなのに、未だに世界を回って調理方法を学んでいるのは素晴らしい



・オーマイガー、本当に美味しそう



・ゴードン・ラムゼイは、一般の寿司職人が3年間も米だけを洗うのに、13分で寿司を作ったね



・私は南カリフォルニアの寿司が好きです



・日本の寿司店では米を洗うだけで3年も修行だなんて、医者に成るよりも難しいんですね



・10年も巻きずしの作り方を学ぶなんて信じられない



・彼が日本語の発音をして話そうとした時笑ってしまった



・寿司は簡単に作れる物だと思うし、簡単に学べる物だと思うけど、長く修行をしないと本当の寿司は作れないのか?



・どうすればアボカドをこんなに奇麗に切れるの?



・3~6年も米を洗うだけだなんて、何て愚かしいんだ。俺だったらそんな時間が狩れば化学の博士号を取れるし、2年で何か新しい物を創造したりできる



・彼の様な一流のシェフでもまだ学ぶ物があるんだ



・ゴードン・ラムゼイが一流なのは、彼は料理を常に学び続けているからだろ