(動画の概要)

この日本の小さな町である上勝町では、町の住民がゴミのリサイクルに極めて真剣に取り込んでいます。彼らは、家庭ごみを34種類のカテゴリーに分けて分別をします。

この日本人主婦であるハツエさんは、上勝町のゴミゼロプログラムに従って、ゴミの分別をしています。

2

坂野アキラさん:初期の上勝町ではゴミを焼却していました。しかし住人はゴミの焼却が環境に悪く、同時に人々の健康を害すると考える様になり、それによって、ゴミのゼロ排出という考えが生み出されました。

3

この「ゴミのゼロ排出」運動が始まった2003年には町から出されるゴミの80%がリサイクルされ、20%が埋め立てをされました。

しかし2020年にはゴミのゼロ排出達成を目標にしています。

坂野アキラさん:最初は住民がゴミを34種類分別するのは、カテゴリーが多すぎ、住民がそれを覚えるのはとても難しく、管理者が分別箱の前に立って住民に指導をしました。

住民は、分別するだけでは無く、そのゴミを洗浄しなくてはなりません。それをリサイクルセンターでモニタリングする清原カズユキさんは、本当に正しく分別をされたのか確認をします。

4

上勝町にはクルクルショップというリサイクルショップが存在し、そこでは住民が不必要な物を持ちより、欲しい物は無料で持ち帰る事が出来ます。

現地にはリサイクルをする工場もあり、古い着物や素材をつかって現地の女性がリサイクル製品を作ったりもしています。

ゴミのゼロ排出によって、我々住民のライフスタイルが完全に変化しました。1700人の住民はお互いに協力しあい、助け合い、この様なさポーティングシステムは、小さなコミュニティの中ではとても有益だと考えます。

動画





この動画を見た外国人の反応



・世界はこの小さな町を見るべきだし、学ぶべきだ



・日本は全ての面で美しいですね



・私はこのビデオを見て泣きました。私の街に住んでいるゴミの様な住民と比べると・・



・私はの国ではリサイクル自体が進んでいません。家庭ごみもそのまま全てのゴミを混ぜたまま捨てられます



・この町のライフスタイルが羨ましいです。私の街に住んでいる糞にどの様にリサイクルの概念を説明したら良いのでしょうか?



・私は7年間個人的にゴミの分別をしていますが、私の国の政府は全く関心を持って居ません。私は使える物は近所のリサイクルショップに持って行きます



・この町の住民はアメージングですね



・もし世界がこの上勝町の様に暮らしたらどんなに素晴らしいのでしょう



・小さな町だから出来るのでは無いですか?



・日本人だから34種類に細かく分別できるのだと思う



・日本では大都市でもゴミは分別して出すのを見る事が出来ます



・本当にこのビデオも純粋で、この町の生活も純粋だ



・ワオ、これはアメージング~



・この様に懸命に生きている人を見るとヒーリングに成ります。ありがとうございます



・日本人とドイツ人がとてもこういうリサイクルに取り組んでいるね



・私もこんな町に住んでみたいです



・リサイクルは人生の一部です。とても大切な事です