【ソウル経済】昨年6月30日韓国を訪れた米国人A氏は、ソウル龍山区梨泰院のある居酒屋で酒を飲む意識を失って倒れた。 翌日米国に帰国したA氏は2ヵ月後に信用カード代金請求書を見て、該当店から6回にわたって計170万円が決済された事実を知るようになった。当日A氏が飲み屋に滞空時間は1時間30分に過ぎなかった。

1

酒に酔った外国人観光客を相手として酒代を過多に請求してきた経営者の一団が摘発された。 ソウル地方警察庁観光警察隊は準詐欺の疑いでオーナーの李某(42)氏とオム(55・女)氏など5人を在宅起訴したと21日明らかにした。

2

警察によれば、李容疑者らは梨泰院で外国人専用の飲み屋を経営し、酒に酔った外国人のクレジットカードで数回にわたって飲み代を過剰に計算した疑いを受けている。 A氏のほかに今年初め、ドイツ人観光客B氏も1時間で飲み代に79万円が決済されるなど、今まで警察に確認された被害額だけで計249万円に上る。

これらは、一人で酒を飲んでいる外国人観光客を相手に犯行を犯したことが明らかになった。 警察は被害者たちが皆短時間に意識を失い、被害者の毛髪から不眠症治療用として使われるゾルピデムが検出されたことなどから、酒に薬を入れた可能性が高いものと見て捜査を進めている。



この記事を読んだ韓国人の反応


・大韓民国は処罰が非常に甘い、犯罪者の天国!



・醜いコリアンから脱皮をしようよ。自国民であれ外国人であれ、軽い処罰ではあって成らない



・こんな犯罪を犯しておきながら在宅起訴?



・こういう人物は国の面子を潰した人間だ。こういう人間は懲役刑に課さなくては成らない



・こんなバーでボッタくりをされれば、そんな国には二度と行かなくなる



・この犯罪者は銃殺が答えだ



・ボッタくりは外国人だけではなく、自国民も被害を被る



・こんな状態で観光誘致をするのか?



・これだから3流国家と呼ばれ



・客に睡眠薬を大量に飲ませて、それで死人が出たらどうするんだ



・こんな人間は一生刑務所に突っ込め



・こんな大きな犯罪は拘束捜査が原則だろ



・こいつはら殺人未遂で無期懲役を課せ



・悪質な詐欺師たちだね、無条件に刑務所に送り、これまで稼いだお金は被害者に返す様に判決して下さい



・こんな奴らはただちに拘束しなくては成らないのに、在宅起訴って何だよ?



・本当に悪魔の様なゴミ



・釈放されれば、また再犯を繰り返すので、この様なゴミは処刑して下さい



・国の恥だ!



・人間らしく生きることを放棄



・国格と観光産業を破壊する人間は、拘束捜査原則にしろ


引用元記事:https://goo.gl/fu8gXi