(聯合ニュース)米国政府が韓国産などの輸入太陽電池で自国の産業が被害を受けたと判定し、15年ぶりに初めてセーフガードが適用されるかどうかに注目が集まっている。

1

米国際貿易委員会(ITC)は22日(現地時間)、韓国とメキシコなどから輸入された太陽電池が米産業に深刻な被害をもたらしたと満場一致で判定した。

ITCは貿易法201条に基づいて11月13日までドナルド・トランプ米大統領にセーフガード(緊急輸入制限措置)の勧告文を提出する予定だ。

通常、米国では商務省傘下の国際貿易館、李誠(ITA)とITCが交互にダンピングと産業被害を調査・判定し、この結果に基づき、商務省が反ダンピング関税を賦課する方式で輸入規制が行われる。




2

しかし、貿易法201条は、ITC判定さえ踏めば、大統領が直接セーフガードの適用を決定できるように規定している。

大統領はITCの勧告を受けた後、国益を考えて該当品目の関税の引き上げ、輸入量制限、低率関税割り当て(TRQ・一定量に対してのみ低い関税を課してこれを超過する物量には高い関税を賦課する制度)などを決定することができる。

大統領が直接決定するだけに、輸入制裁が決定するのにかかる時間もはるかに速い。

米国企業が反ダンピング調査を要請すれば、ITCは申請日から45日以内に産業被害予備判定を下し、商務部はそれから115日以内にダンピングの予備判定を出す。ここに75日を足して、商務省ダンピングの最終判定が出て、ITCはさらにこの結果によって45∼75日以内に産業被害の最終判定を発表する。

企業が、調査を要請して結果が出るまで約9∼11カ月はかかる事に成る。

しかし、セーフガードの場合、陳情書提出後120日で判定を下し、60日以内に大統領に救済案を提示しなければならないが、大統領の決定で一ヶ月以内にすぐに下される。

セーフガードの適用は、米国でも、今年15年間、かつてないことだ。

2002年のジョージ・W.、ブッシュ大統領が韓国産などの輸入鉄鋼製品に8∼30%の関税を課すセーフガードを発動した事例がある。

この鉄鋼セーフガードは当時、国際的な非難を買っており、米国はこれと関連して、世界貿易機関(WTO)に提訴されており、協定違反判定を受けたりもした。



この記事を読んだ韓国人の反応


・我々もセーフガードを発動して、アップル、フェイスブック、グーグルに税金を課せ



・我々も米国産牛肉の輸入関税で対抗しろ



・アメリカは韓国を植民地だと思っているのか?



・韓国は中国と米国から経済報復・・・



・韓米同盟って何?



・韓国は米国産兵器を高い値段で買っている。韓国は米国製兵器にセーフガード措置をとるべき...



・米国は45年型落ちの古いヘリコプターを韓国に売ったのに



・世の中の悪。米国



・米国から兵器を買ってあげているのに、アメリカはセーフガードをする



・米国は友好国なのか?ヤクザなのか?



・安い米国の農産物が、韓国の農業に申告な被害を与えたと判定しろ



・最近の鉄鋼に続き、太陽光パネルまで・・・



・植民地の韓国らしい



・北朝鮮の金正恩より、アメリカの方が酷い



・アメリカの兵器を購入しない様にしよう、ロシアの兵器の方がコスパが高い



・文在寅大統領はアメリカに何をしに行ったのですか?カモにされる為に行ったのですか?



・トランプは悪徳高利貸し業者の様だ



・こんな事をするなら韓米FTAの意味が無い、我々も報復しよう

引用元記事:https://goo.gl/xGuUZQ