韓国の反応 韓国のエイズ患者80人が連絡途絶!



(聯合ニュース)最近、釜山で20代の女性エイズ患者が常習的に売春して摘発され、エイズへの恐怖が拡散した中、釜山地域で連絡が途絶されたエイズ患者が80人にのぼることが分かった。

1

これら80人は保健当局の相談と治療を拒否して行方をくらましているが、現行の関連法と規定としては所在把握が不可能で、エイズ感染者管理に穴が開いたという指摘が出ている。

26日、釜山市議会、福祉、環境委員会所属の鄭明煕(チョン・ミョンヒ)(民主党比例)議員が20代の女性エイズの売春事件直後に、釜山市と16の一線区・郡保健所で受けたエイズ感染者の現況を分析した結果によると、現在、釜山地域のエイズ感染者は878人に上る。

男性が781人と圧倒的に多く、女性は97人と分かった。

2

問題はこれらのうち798人は保健当局の支援の下、相談と治療、投薬の処方を受けているが、80人は連絡が途絶えた状態だ。

これら80人の中には3∼4年前から連絡が途絶えた患者から、最近、新規患者と判明された人まで多様だという。

彼らは相談の拒否はもちろん、治療と人体免疫欠乏ウイルス(HIV)活動を弱化させる抗レトロウイルス投薬を受けないため、体調が悪化する恐れが大きい。

常習性売買をした20代の女性エイズ患者の様に、不特定多数と性関係をするなどの可能性もあり、自暴自棄の状態にある場合もあるものと推定される。

しかし、このように長い間連絡が取れず、治療を受けない患者が多いが、保健当局が彼らの所在を把握して治療を勧めるのは現行法上では事実上不可能だ。

2008年、エイズ患者の人権保護のため、後天性免疫欠乏症予防法が改正され、感染者名簿の作成と備え、これに関する報告制度を廃止したためだ。

このために各地の保健所ではエイズ患者の実名、現状すら正確に把握できず、連絡先だけを把握している。

所在把握も法改正の前には四半期に1回電話などで行うようにしたが、今はこのような規定がない、保健所ごとに差はあるが、通常1年の上・下半期に一度ずつ連絡を取る程度に止まっている。

現在、エイズ患者の身元や所在を把握することができる場合は病院治療後に治療費を補填してもらうため、各地の保健所に本人負担金保全申請書を出す時だけだ。

釜山のある保健所エイズ担当職員は「治療さえ受けずに連絡が途絶えたエイズ患者たちは現在どこに居住するか、体の調子がどの程度なのか知るすべが現在ない」と話した。

連絡が途絶えた釜山地域感染者80人の所在を把握し、何よりも治療を受けるようにすることが急務とみられる。

鄭明煕(チョン・ミョンヒ)市議会議員は、「エイズ予防法の改正は彼らの人権をさらに保護する趣旨であり、治療のための管理を疎かにするという意味ではない」、「釜山市をはじめ、保健当局はエイズ予防と治療のための多角的な広報など柔軟な政策を展開して保健行政に死角がないようにしなければならない」と指摘した。



 韓国の反応 



・釜山の地獄の門が開かれた・・



80人の中には3∼4年前から連絡が途絶えた患者が居ると・・



・釜山は怖いね~用心、用心また用心



・知らずに買春をする男と結婚した妻や子供が気の毒



・どうせ乱れた性生活を好む人は、エイズを覚悟しているだろ



韓国のエイズ患者が数万人を超えているのだから、釜山男だけに気を付けろと考えるのは間違い



・こいつら絶対ソウルに逃げ込んでいるだろ



・人権が必ず少数に必要な訳では無い



・釜山行きの実写版



性売買している奴らを全員調査しろ



・エイズ患者の人権を口実に韓国にエイズ患者を放置させました~



・少数のエイズ患者の人権保護しようとして、全国民の人権が侵害される様にした



・エイズ患者の治療費は国家負担となるために、毎年数十億円が必要らしいが



・この中に結婚した奴も居るのでは無いのか?



売春を合法化し、定期的に検診を受けるようにしろ



・大統領が対国民謝罪して責任を負え、エイズ特別法も作って特検しなければならない



・最悪だすぐ全国的に大変に成りそう。映画の様な出来事が起こるように



釜山地域の人たちが性的に乱れてだわ~~~性進国の日本に近いから・・



・釜山、やはりよく遊ぶ町らしく・・・


引用元記事:https://goo.gl/zwKb3b