韓国の反応 


「イバンカさん、料理はどうでしたか?」「ワンダフル~。ありがとう。」

ドナルド・トランプ米大統領の長女であり、補佐官であるイバンカ・トランプが2日夕方、東京赤坂の料亭で食事を終えて出て、待っていた記者たちとやり取りした問答だ。トランプ大統領のアジア歴訪に先立ち、訪日したイバンカに対する日本のマスコミの取材熱気が熱い。民営放送局は空港に到着した瞬間からイバンカの一挙手一投足を追い生中継している。 空港の屋上で、記者が飛行機着陸の様子をリアルタイムに配信するのは普通だ。

1

イバンカの宿所である帝国ホテルの前には、すでに報道陣が長蛇の列をなしていた。 午後7時を過ぎてイバンカが乗った車が登場すると、取材陣は再び彼の動線を集め始めた。 次の目的地は遅めの夕食が予定された赤坂の料亭だった。 FNNによると、この料亭は、麻生太郎副首相兼財務相など、与党の大物が出入りするいわゆる「料亭政治」の舞台として知られた最高級飲食店だ。

2

事実イバンカの訪日目的は、日本政府主催で3日、東京で開かれる「国際女性会のWAW!」参加だ。開幕され、講演したイバンカは演壇で、安倍晋三首相の歓待を受けた。

安倍首相は「トランプ大統領が信頼する補佐官」と直接紹介し、イバンカは「安倍首相のビジョンと立派な政策のおかげで日本の女性たちの就職率がさらに増えている」と答えた。日本メディアによると、イバンカは同日、安倍首相と東京の高級フランス料理店で晩餐会も行う予定だ。

このように日本特有の手厚い接待方式である「おもてなし」がイバンカの日程を満たしていることと関連して、一部では「とても大袈裟なのではないか?」の指摘が出ている。 しかし、トランプ大統領に対するイバンカの影響力を考慮する時、外交的に十分な価値があるという評価が優勢だ。

当初イバンカは日本で5日に訪日するトランプと共に、アジア歴訪を共にする計画だったが、米国内の税制再編問題などを論議するために4日に帰国するという。 これをめぐって、一部日本メディアは「イバンカが訪韓しない様になると、韓国は非常に失望している」と、報道を発表したこともある。


 韓国人の反応 



・日本特有の強者に弱い民族性



・弱者には非常に残虐非道で、強者にはとても弱い典型的な日本人根性~~~近所の人として、本当に恥ずかしい



・韓国が失望して? マスゴミの起源は日本だね



・どうしてこんなニュースがトップに来ているの?



・これを見ると日本人根性が分かる



・イバンカが来なくて失望?我々はむしろ来ない方が良い、日本の様にホルホルしない、とにかく~~猿たち!



・原始状態の野蛮なサルたちに三国時代、百済の祖先が料理や衣服や、文化を伝えた事実をイバンカは知って居るのか?



・まさかフクシマ原発で汚染された魚で作った寿司を素晴らしいって食べた訳では無いよね?恐らくトランプはアラスカから空輸してきたFDA規定に合格した食材を使ったんだよね?



・毛虫の奴ら



・トランプが飼っている猿が安部ですよね?



・これは日本人特有の建前に過ぎない



・仮にイバンカが韓国に来て何をする?



・よこしまな日本人



・失望は何の…日本は甘いから行ったんだろう



・日本人は、若い女性を戦場に連れて行き、玩具にした獣の様な人間という事を忘れるな



・典型的な日本人らの特徴



・強者に弱く、弱者には強いチンピラ日本!



・強者に尾を振って弱者には野卑な、島国日本人根性が余地なく現れている



・韓国には来なくてもいいです。笑



・仮に来ても、韓国はこう成らない



・日本人のサムライ精神とは、強者には卑屈さによって服従をし、弱者には残忍なほど強いふりをする腐ってしまった精神だ



・猿達の西洋人コンプレックス

引用元記事:https://goo.gl/NhQwHC