韓国の反応 


日本電池業界が大規模な増設投資に乗り出した。 リチウムイオンバッテリー宗主国の栄光を取り戻そうとする大反撃行動とみえる。中国が資本力と世界最大市場を武器に、早く追撃してきている中、日本の設備拡充まで加わり、韓国バッテリー産業がサンドイッチに転落する恐れが高まっている。

1

5日、業界によると、ソニー電池事業部門を買収した村田製作所は、増産のために2019年まで500億円規模の設備投資計画を立てた。中国とシンガポール工場の生産能力を補強し、現在15%水準のモバイルバッテリー市場占有率を20~30%水準に拡大するという目標だ。

世界最大の電気車バッテリーメーカーのパナソニックは、計1000億円を投入して、日本、中国、米国で同時の増設に乗り出す。来年3月末の稼動を控えた中国大連工場に第2工場を追加で設立、電気自動車バッテリー生産能力を二倍に増やす。日本にある液晶表示装置(LCD)工場でも、2019年から電気車バッテリーを並行生産する。テスラと共同で運営する米国ネバダ州工場も1期工場建設や生産ラインの増設を同時に行う。




2

日本のスマートフォン用リチウムイオンバッテリーメーカーマクセルホールディングス(旧日立マクセル)は約10億円を投入して中国江蘇省無錫工場のセル生産ラインを増設すると日刊工業新聞が報道した。 日本電子部品メーカーTDKも子会社ATLの生産設備を増やして昨年より15%増加した生産能力を確保した。 来年には年間生産能力を今年対比約15%さらに引き上げている。

現在バッテリーの大量量産が可能な国家は韓国、日本、中国三国だけだ。中国が価格競争力を重視するなら日本は、品質で勝負する。日本は1990年代、ニッケル水素電池、ニッケルカドミウム電池の商用化に成功した。 1991年にはソニーがリチウムイオンバッテリー商業化に成功しながら、北米と欧州を抜いてバッテリー産業の宗主国に走って行った。

二次電池の中核4代の素材市場で日本は、最強の競争力を保有している。旭化成は分離幕市場1位会社で、三菱化学は電解液分野で競争力が世界最高水準だ。 コバルト、陽極材市場では日亜が2位、ニケルでは住友が1位だ。 陰極材市場は、人造黒鉛分野で日立化成、日本カーボンなど日本企業が圧倒する技術力を誇る。

鉱山から完成車まで垂直系列化し、「バッテリー崛起」に乗り出した中国は、すでに韓国に脅威実体として作用している。中国は電気車産業の育成政策を展開する同時にコバルト、リチウム、ニッケルなど主要鉱物を総なめしている。

これに比べて技術力が立ち遅れている素材分野は、韓国や日本のメーカーとの合弁法人の設立で猛追撃している。人材の需給にも腕をまくり上げた。 最近は国内のある大企業で常務級から実務研究員まで中核の研究人材20人が中国のメーカーに席を移すなど社会的問題となったこともした。

韓国バッテリー産業危機は現実に迫った。一、二次電池業界関係者は「最近、1日に一度の割合でヘッドハンターから中国会社への就職を斡旋する連絡が来て、日本では、ソニーやパナソニック出身の開発者らが新たに市場に進出して潜在された競争者になる可能性もある」と話した。

同関係者は「中国と日本だけでなく、欧州自動車メーカーも韓国依存度を下げるため、直接バッテリーを開発しようとする動きが捉えられながらも、実際の内部で感じる危機感が相当なものが事実」と雰囲気を伝えた。

現在、IT・モバイル(IM)用リチウムイオンバッテリー市場では、三星SDI、電気自動車用リチウムイオン電池市場ではパナソニックとLG化学などがそれぞれ首位圏を形成している。 しかし、安心することはできない状況だ。 特に、電気自動車電池市場では毎月2位以下順位が変わるほど、韓日中の企業間競争が熾烈だ。

最近急浮上した電気自動車用中型バッテリー市場で昨年基準で日本と中国の企業が1~3位を席巻した。 今後、電気自動車バッテリー競争で押されれば、韓国が日本、中国に押され、3位に落ちかねないという懸念も提起されている。



 韓国人の反応 



・もし日本が本気で増産をするなら、我々は深刻になるしかない!



・現在バッテリーの大量量産が可能な国家は韓国、日本、中国三国だけだ.....とにかく、北東アジア3国がすばらしい国なのはそう...製造業は、北東アジア3国がぎゅっと握っているのね



・LG化学ファイト!



・市場占有率移転に技術力がもっと重要だ



・韓国産業歴史の中盤から今まで、韓国はずっとサンドイッチ状態だよ



・バッテリーがあってこそ駆動可能な、ドローンやキックボード、電気自転車電動車、全部中国産だ



・日本は源泉技術と優秀な部品を生産している中小企業がある



・いくら輸出販売実績は世界1位であっても、国民にその恩恵がすべてに帰って来なければ喜ぶべき事ではない。見返りが無いのに、国民を使い捨ての消耗品とするのは良くない



・日本は、パナソニック、日立、三菱、村田、日亜、住友・・と多くの企業と均等に競争をしなくては成らないのに、韓国の場合は、サムスンでなければLG



・もし韓国が3位に落ちれば生き残れるのか?



・何時ものサンドイッチ物語



・バッテリーは多く作れば良いという物ではなく、安定性が無ければ成らない。一例として中国製のバッテリーを使用して、サムスンとアップルが莫大な損失を受けた。日本が分子照合確認検証技術を保有しているので、信用が高い



・中国製は低価格でも品質は韓国製水準だ



・大韓民国は、総力戦を展開していくことができる。頑張ってください!!! ファイト!!!!!



・もう日本はリチウムイオンではなく、個体バッテリーについて記事を書かなければ成らない時点だ・・



・電気自動車の完成車を作る企業よりも、バッテリー会社の支援が急がれる



・結局は技術力の日本、韓国は奮発しなければなりません



・中国のバッテリーは充電器が悪いのか数か月使用すると容量が半分以下に減る


引用元記事:https://goo.gl/eE8JdK