韓国の反応 


(聯合ニュース)五輪開幕100日後に控えて、関連施設物が竣工されたことを記念するテープカットに続き、華やかな花火とともにドリームコンサートが幕を上げた。

1


観覧客3万人余りは「2017ドリームコンサートin平昌」とともに「一つになった情熱」で五輪成功を祈願しましたが、だんだん体に入り込んでくる寒波は阻止する術がなかった。

平昌の同日午後8時気温は3.4度だったが、風が秒速8mで吹き、夜間であり、観客たちが感じる体感温度ははるかに低かった。

公演が続き、観覧客の間で低体温症患者があちこちで続出した。

把握された低体温症患者だけで10代から始まり40代、50代まで6人だった。






2

平昌消防署は「平昌地域で普段は低体温症患者は多くないが、この日は6人が発生した」と説明した。

ぶるぶる震えていた一部の観覧客は寒さを避け、化粧室に待避した。

開閉会式場は空が開かれた開放型露天施設で、一般観覧客が寒さを避けることができる室内空間はトイレが唯一だった。

地球村の冬祭りである平昌冬季五輪開幕日が日ごとに近づくにつれ、大関嶺(テグァンリョン)の酷寒が五輪の成功開催の伏兵として浮上している。

平昌冬季五輪組織委員会によると、開閉会式が開かれる大関嶺は、韓国で最も天気が気まぐれな地域として知られている。

この10年間2月の平均気温は零下4.5度で、最低気温は2008年に氷点下14.8度まで下がった。

過去10年間大関嶺(テグァンリョン)の党を超え平均風速は3.6mで、最大風速はおよそ12.9mもなった。

平昌オリンピックが開幕する来年2月9日午後8時、平昌の気温は氷点下7.7度と予想されており、体感温度は氷点下14度まで下がるものと予測された。

体感温度は0度以下で秒あたり風速が1m増加するごとに1∼2度ずつ下降する。

平昌オリンピック開閉会式場を訪れた観覧客は、事前行事と入場、退場時間を含めて4∼時間の間、酷寒にさらされるしかない。

小中高校の生徒10万人が平昌冬季五輪に参加するようにした江原道教育庁も、今回の低体温症患者続出の事態を、尋常ではないと見ている。

道教育庁は、学生、教職員1当たり10万ウォンずつ特別交付金を支援して冬季五輪を直接観覧するよう、一線の学校に案内した。

閔丙熹(ミン・ビョンヒ)教育監は「五輪寒波問題は関連部署で用意するが、競技場自体を暖かくすることができないため、限界がある」、「じっと座っていると、低体温症現象が発生する恐れがあるため、座ってでも動かして運動する案、保温布団の様な物を着用する方策が必要だ」と話した。

平昌五輪組織委員会は大関嶺の過酷な寒さと風などの気候環境を考慮し、当初、屋根と暖房施設の設置を強く要求していたが、予算削減のために反映されなかったという立場だ。

組織委員会は2015年3月の屋根と暖房施設が反映されていない状態で、総事業費が確定されてからも屋根の設置を検討したが、臨時施設で施工されたため、下部構造が脆弱に安全を担保できなかった。

脆弱な下部構造を補強するには225億ウォンが所要されるうえ、工事期間が10ヵ月もかかるため、開会式の前までに完成が不可能だった。

これによって開閉会式場には冷たい北西風を遮断するための防風幕を設置して、一般観覧客の座席周りにヒーター40台を設置する対策をまとめた。

ヒーターは暖房面積によって50平方メートル当たり一台ずつ設置する。

また、全ての観覧客3万5千人に一般のダウン、膝毛布、ホットパック座布団、手、足ホットパックなど、防寒用品セットを提供する計画だ。

これと共にスタジアムの中に温かいコーヒーとお茶、ホットバー、あんまんなどを販売する固定の売店10ヵ所と移動型の売店6台を運営する方針だ。

式前イベントと本行事には、観覧客の寒さの克服に向けたプログラムも運営する。

酷寒とともに負傷した交通問題の場合、全ての入場客を細分化し、立場・退場区域を指定し、専用輸送道路を指定し、ボトルネック現象を防止することにした。

開閉会式()場入場や退場は最短時間に行われるようにして、一般観覧客はシャトルで輸送する方針だ。


 韓国人の反応 


・屋根もなく、暖房施設もないのにどうやって観覧をするの? うちの息子は、野外スケート場で一時間の間外で見物する時、凍えて死ぬかと(泣)



・これが全部スンシルのためでしょ!!



・どうやってそんな中で数時間も観戦するの?



・冬季オリンピック競技場なのに、屋根もないね。江原道はもともと寒い上、四方が全部開けたのだから、当然低体温症が出るだろう



・いや、それではあそこが寒い町であることを知らずに競技場設計したのか? 江原道の天気が寒いのは、大韓民国の国民なら誰もが知っている常識だが、そんなことも検討しないで設計しておいて、今になって低体温症の心配か?



・屋根作る予算がなくて? それじゃ、最初からするな...



・ドラム缶で薪でも燃やせ



・屋根の無いスタジアムは、どいつ頭から出たアイデアなのか?



・歴代最悪のオリンピックとして記録できるだろう



・座席の下にヒーターでも出る様にして



・試合の入場料30~100万ウォン、1泊の宿泊料全て合わせて少なくとも50万ウォン、さらに、寒い天気に遠い江原道までいかなければならず、自国民でも行きにくいのに(※1ウオン≒0.1円)



・気が狂っている。天井も暖房もなく、座席の暖房も無いし・・



・ひでー、それでは五輪が終わったら使い道がなくて撤去



・マスコミでは平昌冬季五輪称賛ですが、予想赤字は10兆ウオン以上、これ誰が責任を負うか?



・2月初めがどれくらい寒いか知っている人はみんな知っているのに



・史上最悪の開幕式になりそうだ。凍死する人が出るかも…?



・ドームにしよう、 他の国冬季はすべてドームなのに...



・基礎的な保温施設をお金のために省略したと? 誰がその寒い所に行って震えながら見るの? 病気になるために?



・滅びる兆しがそろそろ見えないか?



・狂っている。その寒い所に子供たち10万人も動員すると?



・ドーム競技場の一つも作れないなんて・・



引用元記事:https://goo.gl/5hNcsZ