韓国の反応 


[インサイト]業界1位の農心(ノンシム)のラーメンを食べる途中、忌まわしい「異物」を発見したという被害者が登場し、食の安全実態が再び俎上に載せられた。

1

この5日、あるオンライン・コミュニティには「農心ユッケジャンサバルミョンを食べ、ゴキブリをかんだ話」というタイトルの写真数枚が掲載された。

自分を平凡な会社員だと明らかにした男性A氏が公開した写真の中には、成人男性の親指のつめほどの虫一匹が含まれている。

A氏によると、当該虫は今年9月の製造されたユッケジャンサバルミョンで出た。

A氏は「日曜日の朝にラーメン食べて、テロされてとても怒り、生まれて初めてオンラインコミュニティに文を書く」と口を開いた。




2

彼は「(ユッケジャンサバルミョンの)面を全部食べ、スープを飲んでいると、タバコの吸殻噛んで食べた味を感じた」、「すぐ'に気づいて吐いたが、成人男性指の爪の大きさのゴキブリが入っていた。その時からあまりにも吐き気がして胸がむかつく程気分が悪い」と吐露した。

さらに、A氏は「今まで私が食べた農心ラーメンは多いのに… 韓国で一番大きいという食品企業で、この様に衛生管理が出来ていないのが信じられない。 たまにラーメンから虫や異物が出たという話は聞いた事があるが、これが私に降り注ぐとは思いも寄らなかった」と付け加えた。

3

A氏は、ラーメン業界1位の農心(ノンシム)について責任感を持ちなさいと言い、一撃を加えたりした。

A氏は「農心は、消費者を愚弄するのではなく、徹底的に衛生管理をしなければならない。 私は、ブラックコンシューマーではない。ただ日曜日に起きてラーメン食べた一介のサラリーマンであるだけ」とし、「(農心への法的対応は、あまりにも恐ろしいが悔し気持ちが込み上げる」と強調した。

現在A氏の書き込みは掲載されてから1日で、12万3千回以上クリックされた。

4

論議が起こるや、農心側は「現在、被害を受けたというA氏と接触し、明日A氏と会って、問題の製品を回収し、食薬庁に送る計画だ」と明らかにした。

農心側は「消費者がこれ以上不安にならないよう、製造段階で入ったのか、流通過程で入ったのか、消費者が保管する段階で入ったものかは、食薬庁の調査後詳しく明らかにしたい」と伝えた。


 韓国人の反応 



・食べ物からゴキブリが出るととても気持ちが悪いですが



・生産過程よりも、調理過程で入った確率がもっと大きく見えます。ラーメン生産工程でゴキブリが入るなら、韓国ラーメンの消費量を考慮した時、この様な事例が毎日数十件ずつ出るでしょう



・農心が憎まれているというのは理解出来るが、この様に施設の中に虫や異物が入らない様に徹底的に管理されている筈なのに



・スープを入れる時には、必ず異物を見ろ



・また伝説のゴキブリが



・私は農心の工場に行った事があるが、最新の設備の入った工場では、ゴキブリどころか、髪の毛ですら混入出来ない構造だ。流通過程で入ったり、カップを開けてお湯を入れる時は、自分が居れたキムチ等に入って居たのかもしれないし、このゴキブリの写真も熱湯で死んだゴキブリに見える



・ゴキブリは余り乾燥している様には見えないですね



・本当にゴキブリが入ったのか知りたい



・このラーメンはゴキブリを養殖可能だったのか?



・どこから入り込んだんだろう?



・コールセンターで働いていた時、こんな頑固な顧客が多くて、「お前の会社の製品をどれだけ沢山使ったのか知って居るか?」とこんな難癖を大抵付けて来ます



・気持ち悪い



・カメムシの様だが



・顧客の方に徳が欠けている場合もある



引用元記事:https://goo.gl/eU48vb