韓国の反応 


「韓国はベトナムに心の負債を背負っている」。今月11日、ベトナム戦争韓国軍派兵についてムン・ジェイン大統領が語ったと伝わったこの発言により、再びベトナム民間人虐殺問題が水面に浮上した。

派兵当時の大衆雑誌を分析した研究『大衆メディアに現れたベトナム戦争とジェンダーイデオロギー-1964~1973年「サンデーソウル」、「ヨウォン」等によれば、当時、メディアはベトナム女性だけでなく韓国女性も韓国軍人を慰めるための手段に動員した。

論文は大衆雑誌'サンデー、ソウルとヨウォンを、ベトナム派兵が行われた期間の1964年から1973年まで分析した。 「ベトコン」(共産陣営)を相手に戦う韓国軍、そして、韓国人女性の支援を受ける韓国軍の、実際には暴力もあったが、韓国軍を「慰労」するベトナム女性、韓国軍の専有物となったベトナム民衆らがメディアに登場した。

関連投稿:
ベトナム政府「韓国軍のベトナム民間人虐殺問題を反省しろ!」文大統領の「ベトナム戦争参戦勇士敬意」に反発 韓国反応
韓国人「ベトナムメディアが韓国軍による良民虐殺や蛮行を異例的連続報道!ベトナム戦争当時の虐殺生存者の証言と活動の様子を伝える」 韓国ニュース
韓国人「韓国軍はベトナム民間人数千人以上を虐殺し蛮行を犯した」もしベトナムに韓国人男性像が建てられていたら? 韓国の反応

1

政府は反共体制を維持するために、家父長制と軍事主義などを適切に活用し、メディアはこれを拡散させた。

韓国軍派兵は、共産主義から廃墟になったベトナム民衆を救うための過程でイメージ化した。 自然に「救援者」が行った虐殺はメディアから消えた。



2

韓国の女性は韓国軍を助ける役割として描かれている。 主に「良妻賢母」で、軍人たちを慰めてくれる母の温かさ、夫・お父さんがない家庭で女性の困難などを強調し、後方で戦場を助ける国民の役割を担当する姿に映った。 母性は近代の発明品とされているが、戦争や徴兵制が維持される現韓国の状況では、例外だった。

実際、ベトナム戦争当時、脱走が多く、家族の反発が激しかった。 国家が、家族を集めておいて、精神教育をしたという証言までいる。 国やメディアは「賢母」の暖かさで、残酷な現実を覆う。 「賢母」には、蔡命新(チェ・ミョンシン)将軍の夫人、文正仁(ムン・ジョンイン)氏が多く登場した。 ムン氏は当時、梨花(イファ)女子大学で「ホームカミングクイーン」に選ばれるなど「エリート女性」の代表走者として戦争当時、'内助のロールモデル'になったと該当論文は分析した。

慰問公演・見舞いの手紙などは、やはり聖愛化する形で軍人を慰めた。 サンデー・ソウルは主な読者層が男性であるため、扇情的なイメージを露出させ、女性を性的対象化する傾向が強く、ヨウォンは主な読者層が女性であるため、「手紙を送ってほしい」の要請が主流をなしたという違いもある。

「戦争国家-軍人-韓国女性」の位階が目立つにつれ、権力は強い動員力を持つようになった。 この時、発散するエネルギーは、暴力ではなくストレスに対する補償としか思われていた。 次は1967年7月号ヨウォンに掲載された小説形式の記事の一部分だ。 「コンカイ」はベトナム語で女、少女という意味で性差別的な単語だ。

「今日ホ・キルジュ軍曹の分隊はベトコン・コンガイを一つはさらってこなければならないぞ」
「ご安心ください。口で強く噛んで食べても生臭い臭いもしない新鮮な処女を引っ張ってきます」

女性の体は男性の植民地であり、ベトナムは「韓国内部の植民地」だった。論文は、ベトナム戦争当時、メディアがベトナム女性はベトコンの弱さを現わすために使用されたり、韓国軍のチアリーダーの役割として活用されるなど'性的な動物'以下で表現されたと指摘した。 劣等なベトナム女性が韓国男性との結婚を通じて文明化されるファンタジーも明らかになっている。

韓国軍がベトナムで行った数多くの性的暴行と良民虐殺は、このような土台で発生した。韓国軍は80件にわたって約9000人の民間人たちを集団虐殺した。 ベトナムには3基の韓国軍の憎悪碑と50基以上の慰霊塔が立っている。 韓国社会はこれを隠ぺいする方向に近かった。 ベトナム戦争に対する認識は依然として'戦争特需'を享受した事件の水準で変わっていない。

韓国政府は、ベトナム戦争の民間人虐殺などに公式謝罪しなかった。 なぜ日本軍慰安婦に動員されたムン・ミョンクム、キム・オクジュ氏が生前集めたお金をベトナム戦争、真実委員会に寄贈したかどうかを悩んでみると、韓国軍が行った蛮行を政治家の言葉で片付けられるような問題ではない。

韓国政府が費用や努力を傾けて被害者の声を聞き、加害主体に対して責任を負う姿勢を見せなければならない。 同時にそのような姿勢を日本政府に求めることができなければならない。

大統領が言及した」心の負債」にはこの様な意味が含まれたのだろうか。 韓・越平和財団はこの16日「真の謝罪は加害事実に対する認定と責任が前提されなければならない」、「ムン大統領の映像謝罪が形式的な外交的修辞で終わらないことを」期待した。 さらに、「その道にマスコミの正しい役割も期待してみる」と付け加えた。


 韓国人の反応 



・もし我々が、ベトナムに正当では無い事をしたと考えるなら、当然謝罪するのが正しい。そうすることで、今後、大韓民国の重要な貿易の舞台になる東南アジアで、日本よりも道徳的優位を占めることになるだろう。 また、彼らと交流するのに堂々と立ち向かうことができるだろう。 真に謝罪する事が国益に役立つ



・ベトナムと貿易して交流するなら、真剣な国民的な謝罪が必要である。 指導者一つではなく、国民的心から謝罪してこそ、韓国にベトゥナムが近づいてくる。 しかし、その当時の派兵は、我々としても生きる為に派兵をしたのだ



・我々は無条件に謝罪するのが筋だ。先代の強者が弱者に行った圧迫や蔑視、そしてベトナム人が苦痛や苦しさに苦しむ現実を和らげるのが道理だ



・ムン・ジェイン大統領様が、ベトナムに公式謝罪したことは実に適切な決定でした。言葉だけで終わるのではなく、虐殺を指示した命令権者の処罰と、被害者たちに対する経済的補償も行われなければなりません。 遅れたが、意味深い一歩を踏み出したと思います。とても熱い拍手を送ります



・日本は侵略し、韓国は助け様と派兵をしたのであって、韓国軍がベトナムで犯した蛮行は大丈夫という論理を展開する発達障害者が居るが、派兵が善意でも悪意でであれ、虐殺をして被害を与えたのであるのなら、謝罪をし、補償をするのが古今東西人情の常だ



・その当時に扇情的なゴシップを扱う、チラシ水準の雑誌に出た記事を持ち出して、それでをの当時のマスコミを裁断するというのが正常か?



・軍事政権時代に発行された雑誌は、そのままゴシップ記事だ



・日本は侵略を行ったものであり、我が国はベトナムの政府から派兵の要請を受け、手伝うために派遣したのだ。ただし派兵を要請をしたベトナムが敗北してベトナムが政権を取ったのでまるで敵軍のように考えられているが、日本と韓国を同一線上で見ては成らない



・勿論ベトナムであったことについて反省は必要だが、それが日本と同一視されてはならない



・戦争の渦中に、非人権的なことが行われていたのは当然だ。日本の様に証拠がないとし、知らないふりを言い逃れをしてはいけない。証拠はなくても、明確に行われたのは事実の為に、被害者の証言と補償を求める声が出ているのだ



・朝鮮戦争参戦国が韓国民間人虐殺し、性的暴行し?ベトナム戦争時にどんな事があったのかから勉強して来い! そして米国と参戦したのは韓国の責任なのでは無いのか? 米軍より韓国軍がもっと残忍だったとベトナム人は証言している



・当然責任を負って賠償するべきだと、韓国国民の大半はそう思っているはずですよ。韓国は日本から同じ様な苦しみを経験したから・・まず心のこもった謝罪をするのかが重要なものと見る... これが日本と韓国の差では無いですか?



引用元記事:https://goo.gl/hbJNiu

↓毎日ポチポチ応援よろしくお願いします。